図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

海老名市立中央図書館(神奈川県)

厚木の中央図書館を出ると、時間は夕方6時。
厚木のお隣、海老名市には蔦屋が運営する、良くも悪くも有名な図書館があります。

今回の訪問先としては考えていなかったのですが、
厚木の図書館からわずか2、3kmの所にあるようだし、
夜遅く9時まで開いているし、
ということで、ここは行っておかねば、という気になり、急遽向かいます。

厚木の中心地から10分ほどバイクを走らせると、「市立図書館西側」という交差点が。
その先の建物が図書館のようです。
f:id:n344sj:20200203225310j:plain

四階建ての巨大なビル。ガラス張りの美しい外観に圧倒されます。
入ると、中央はどーんと円筒状の吹き抜け。
ヨーロッパの古い図書館の如く、その壁を本がびっしりと飾っており、圧倒されます。
手の届かない上方には、古めかしい本が並んでいますが、よく見るとただの飾り物だったり。

一階はスターバックスと蔦屋書店。

図書館は無いのかと思ったら、奥の「ビジネス」の部屋は図書館でした。
ビジネス書が並ぶ部屋ですが、その片隅に「多読」なる謎のジャンルが。
簡単な英語のテキストが並んでいます。
とにかく読みまくることで英語を身につける、ということのようです。

二階に上ると、
さほど多くはありませんが、CDがあります。
郷土の英雄のはずのいきものがかりは、厚木の図書館に続いて、ここにも見当たりませんでした。
きっと貸出中なのでしょう。

三階に行きます。
コンピュータ関係の本が並んでおり、なかなかの充実ぶり。今風に、ITというジャンルになっています。

黒いプレートで本のジャンルが区切られていますが、その分類が細かい。
まさに大型書店のよう。
並んでいる本に図書館のラベルが貼ってある、ということだけが書店との違いです。

旅行書のコーナーが、半分独立した部屋になっていました。
この品揃えがまた凄い。大型書店に匹敵します。
登山の本はまた別の所にあり、そこもまた結構な冊数です。

中央の吹き抜けの周りにはソファが並んでおり、優雅に読書、休憩ができます。

外側には、テラスに出る扉がありました。
海老名駅からそう遠くないはずなのですが、周辺は空地、農地に囲まれており、
かなり寂しい立地です。ただ、それを取り巻くようにタワーマンションが建ち並びつつあります。

f:id:n344sj:20200203230037j:plain
テラスからの眺め

四階は子供の本。普段、子供の本のコーナーはあまり見ませんが、それだけで1フロアなので、
かなりの充実ぶりだと思います。
絵本の数は凄いです。
ここにもテラスがあるのですが、子供と家族連れ専用、とのことで、一人旅の中年には無縁の空間でした。

ただ、館内の案内図が大雑把すぎて、どこに何があるのか分かりにくいです。
歩き回って探すのも楽しい、と言えばそうなのですが。

二階にエッセイ、詩の本はあるのに、小説が見当たりません。
まさか置いていない?
同じく蔦屋が運営する徳山駅前図書館で、小説の単行本が置いていないことを思い出しました。
蔦屋の運営とは言え、中央図書館なのにまさかそれはなかろう、と思って職員の方に聞くと、
地下一階にあるとのこと。
失礼しました。。

行ってみると、ここも1フロアを文芸だけで占めているので、品揃えはなかなかです。
地味な作家ごとの全集が上方に並び、その更に上は、やはり飾り物の本モドキがずらり。

来る前は、この辺りで夕食も取ろうと思っていたのですが、近隣には何もありません。
駅までは近いはずなので歩いてみました。
早足なら5分ほどで駅周辺に来ますが、ここまで来てもお隣の本厚木に比べると寂しめです。
しかし駅の向こうまで行くと、巨大なショッピングモールがお出迎え。
派手なイルミネーションの向こうに、なぜか七重の塔が。
観光のシンボルとして建てられたミニチュア(と言っても結構大きいですが)だそうです。

綺麗なのですが、どうも人工的で、生活臭がありません。
地元に根差した定食屋のような店を期待していたのですが、
無さそうなので、ここでの食事は諦め、図書館に戻ります。

その道であらためて図書館の建物を眺めると、
天辺には、ドーム型の屋根が付いていました。吹き抜けの部分にあたるのでしょう。
まるで中東のモスクの様です。

さてこの図書館、冒頭に書いた通り、
まあここに限らず、蔦屋の運営する図書館はどこもそうですが、
毀誉褒貶に塗れています。
不透明な運営が批判されてニュースになったりしていますが、
この美しさと本の豊富さ、居心地の良さ、
やはりこういう図書館が近くにあるのは、率直に羨ましいです。
図書館に対する、古き良き、教育的なイメージから脱却できない人には、
眉を顰める存在なのかもしれませんが、
時代と共に図書館の役割も変化していることを、認めないわけにはいきません。

さて、間もなく夜9時。
今日は2つの図書館を回りましたが、どちらもヘビー級で、かなり満足度高めでした。
この日は適当にネットカフェにでも泊まり、明日熱海を目指すことにします。

ご利用ガイド | 海老名市立図書館