図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

#大島町図書館(東京都)

利島、新島と巡って、遂に旅の最終目的地、伊豆大島に上陸。

大島の港は、元町、岡田の2つがあり、どちらが使われるかは、

風向き等によってその日の朝に決まります。

土曜日の昼過ぎ、新島からの大型船が着いたのは岡田港でした。

(この時期は、だいたい岡田港になるようです)

 

ここ伊豆大島には、立派な町立図書館があるはず。

図書館があるのは島の中心地の、元町の方。

 

しかし、取っていた宿は岡田港の近く。

宿でレンタサイクルを借りようと思っていたのですが、聞くと今はやっていないとのこと。

さればとレンタカーを借りようとお店に聞くと、3連休なので予約満杯で借りられず。

やむなく、乗り放題券を買って、路線バスの旅とすることにしました。

 

図書館は、月曜日が休館であることは調べていたので、その日はゆっくりして、

翌日曜日に訪問することにしました。

 

そして日曜日、満を持してバスで元町へ。

元町港で降りると、町に伸びるメインストリート沿いに図書館がありました。

 

随分古そうな建物。

それだけに歴史の重みが期待されます。

 

f:id:n344sj:20200225221144j:plain

太平洋をバックに立つ、古びた建物

 

いざドアを開けようとすると、、、

閉まっている。。。

 

この日は祝日。

月曜日だけでなく、祝日も休館日でした。。

大島を去らねばならない明日もお休み。。

昨日の内に、無理をしてでも来ておかねばならなかったようです。。

 

またしても、己の不完全な事前リサーチに泣くことになりました。

離島なので、そうそう来れるわけでも無いのですが、

またいつか来よう。。

f:id:n344sj:20200225221341j:plain

入口の貼紙

ドアを見ると、新図書館への移転作業中、との貼紙が。

ということは、いつかまた大島に来ることがあっても、

恐らく図書館の移転後と思われ、この古びた館に入る機会は二度と無い、

という可能性が高そうです。

 

こういうことはよくあることなので、速やかに吹っ切らないと、

図書館巡りの旅は続けられません。

でもやっぱり残念。。

 

その後は悔しさを押し殺して、バスの旅を楽しみました。

波浮、元町、大島公園、三原山、裏砂漠と、主だった名所は廻ることができ、

車を停めた所に戻らずとも好きな所からまた乗れるし、

本数は多いとは言えませんが、時刻表を見て計画すれば大丈夫。

伊豆大島は、実はバス旅最高!かもしれません。 

f:id:n344sj:20201010115009j:plain

東京都内とは思えぬ、というか日本とも思えぬ、伊豆大島の砂漠の光景

 

f:id:n344sj:20210222001716j:plain

大島と言えば、椿。見頃でした。