図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

所沢市立所沢図書館 新所沢分館(埼玉県)

この日は平日ですが、雨の中どうしてもバイクで来ないといけない所用で
所沢に来たので、ついでに図書館に寄りました。

閑静な住宅街の中、
公民館や体育館もある複合施設の一角、児童館の二階にある、新所沢分館。

f:id:n344sj:20200707234339j:plain
一階が児童館、二階が図書館でした
入口前の駐輪場にバイクを停め、中に入ります。

中は余裕のある作りで、広々としています。
館内の形状は、直角三角形。
その長辺が窓になっていて、外に向いて椅子が並んでおり、外の景色を眺めながら読書を楽しめます。
もっとも、窓から目に入るのは、向かいに建っているマツモトキヨシくらいですが。

カウンターの前から、反対側の窓際まで通路になっており、
大雑把に言うと、その左側は児童向け、右側は大人向けになっています。
通路の床には、ソーシャルディスタンスを保つための足型が。
これは与野南図書館でも見ましたが、そこと同様、やはり並んでいる人はいませんでした。

本棚の角度も通路の左右で変えてあり、飽きの来ないレイアウト。
斜めに並ぶ本棚も、与野南と同じです。

平日の昼間ながら、お客さんは結構入っていました。
館内の椅子は、一つおきに使用禁止になっていて、使えない椅子には
「2時間以上の滞在はご遠慮ください」との貼紙がしてありました。

本の数は、お客さんの入り具合の割には、少ない印象です。

哲学書のコーナーには、古めかしい全集本が置かれていました。
ニーチェ、カント、アウグスティヌスフロイト西田幾多郎から、西郷隆盛全集まで。
私が見つけた範囲では、昭和46年刊「世界の名著」シリーズが最古でした。
先日、東村山の図書館哲学書の充実ぶりに言及したのですが、
別に珍しくもなかったかな、と思いつつ眺めていると、何か迫力に欠けます。
よく見ると、全集と言いつつ全巻は揃っておらず、歯抜け状態。
と言うより、むしろ抜けた方の歯の状態。
全十数巻の内の数巻しか無かったりします。

文学の方も同様で、
堀田善衛車谷長吉田辺聖子などの全集が置いていますが、やはり一部の巻だけでした。

残りは書庫に保管されているのでしょうか。
気になって検索機で調べてみると、どうも所沢市内の各図書館に分散させて所蔵している模様。
ここ新所沢と本館が中心のようですが、他の図書館に置かれている巻もあります。
う~ん。このやり方はどうなのでしょう。利用者にとっては不便のような。
まあ、頼めば他館から移送してもらえるでしょうし、
そもそもこの手の全集を通しで読もうとする人は、滅多にいないのかもしれませんが。。

この図書館、平日は夜9時まで、とかなり頑張っています。(土日祝は5時まで)
開設は平成24年(2012年)とのこと。
置いている本を見る限り、もう少し歴史があるのかと思いました。
蔵書数は、一般書が約10万冊、児童書が約4万冊とのこと。
漫画、視聴覚資料は見当たりませんでした。

所沢市立図書館には1つの本館と7つの分館があり、7つの分館は、
所沢分館グループ3館と、新所沢分館グループ4館に分かれるという、複雑な編成になっているようです。
ここは、分館の中ではリーダー的存在ということなのでしょう。それでもあくまで分館扱いという哀しさ。。

滞在期限の2時間はまだまだ先ですが、
この後は仕事に行かないといけないので、長居はせずに外に出ます。
目の前の道をまっすぐ進めば、新所沢駅までは徒歩10分足らずの近さ。
散歩がてら行ってみました。

隣には、緑町中央公園なる大き目の公園があり、鬱蒼と木が繁っています。
直前まで雨だったこともあり、ほとんど人はいませんでした。
f:id:n344sj:20200707234520j:plain

公民館の方には、駐車場もありました。
料金徴収機と開閉バーがあるので、有料なのかと思いましたが、
あるだけで動作はしていないようでした。

間もなく、駅前の繁華街に着きました。
この辺りには、20年くらい前には時折来ていたのですが、最近は来る機会がありませんでした。
街の中核を成すパルコは健在でしたが、何か昔より賑わいに欠けるような。
雨の平日だからしょうがないのか、長引くコロナの影響なのか、街自体の凋落なのか。。
全部が絡んでいそうな気がします。

所沢図書館 新所沢分館