図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

白岡市立図書館(埼玉県)

この日は、幸手市の権現堂堤に彼岸花を見に、バイクで出掛けることにしました。

何と言っても桜と菜の花の競演で名高い所ですが、紫陽花の名所としても知っていました。

しかし、彼岸花の名所でもあることは最近知りました。

 

その前に、白岡市の図書館に立ち寄り。

東北道蓮田SA/スマートICへのアクセス路を、東北道に沿って北上していくと、

図書館ではなく、生涯学習センターの案内が見えました。

これだろうと、案内に従っていくと、ガラス張りの美しい建物の中に

本棚が並ぶのが見えました。

f:id:n344sj:20201011214346j:plain


やはりここが図書館でした。

 それにしても美しい。これは期待が持てます。

 

f:id:n344sj:20201011214839j:plain

パノラマ写真。扇形のようです。

アルコール液で手を消毒して、いざ中へ。

入口脇には郷土資料のコーナー。

埼玉県内の市町村史がずらりと並んでいます。

白岡市の都市計画図などまでありました。

 

お隣には、小さな郷土資料展示室。

周辺の遺跡で出土した土器などが飾られています。

立川金禄なる仏師の木彫作品、「軍鶏」も展示されていました。

 

一階は児童書、ヤングアダルト、新聞・雑誌。

 

漫画が結構充実しています。

はだしのゲン」「アドルフに告ぐ」など図書館での定番ものから、

進撃の巨人」「鋼の錬金術師」「名探偵コナン」「暗殺教室」「キングダム」

等々、最近の人気作が取り揃っています。

 

外周には音楽・軽スポーツ室、集会室などの扉が並んでいます。

やはり図書館だけでなく、教育施設としての役割も担っているようです。

 

 中央には、ガラス張りのエレベータ。

優雅な気分で二階に上がります。

 

こちらも外周には会議室、創作室、音楽スタジオなどが並んでいました。

 

本は新しめのものが多く、「地球の歩き方」「るるぶ」などは’18年版以降のものばかり。

この図書館が開設されたのがその辺りなのかな、と思い調べると、

平成30年(即ち2018年)10月1日開館とのこと。ドンピシャでした。

 

窓際には、外を眺めながら本が読める閲覧席が並んでいます。

バルコニー席への扉もあり、

バルコニーには、オープンカフェのように白い丸テーブルと椅子のセットが置かれています。

おお、これは良い!と思ったら、、、新型コロナ感染対策のため使用不可、とのこと。

これは、、、ちょっと理解できません。

屋外の方が室内の席より安全だと思いますが。。

 

大きな学習室もありましたた、同じく使用不可。こちらは理解できますが。

CD、DVDはあまり多いとは言えず、いずれもせいぜい千枚程度と見ました。

 

三階もありそうに見えるのですが、階段もエレベータも二階より上に通じていません。

採光だけのスペースのようです。

 

まだピカピカで、ゆったりとしたスペースで居心地の良い、この図書館。

蔵書数は約22万冊、との情報がありました。

 

周辺は高速道路と農地に挟まれた何もない所ですが、

市役所、保健センターなど、市の公共施設が集積しています。

古代蓮の繁る池を囲んで、道の駅のような売店がありました。

f:id:n344sj:20201011214253j:plain

店頭では白岡名産の梨を販売しています、

そういえば図書館の郷土資料展示室にも、梨栽培の歴史についての紹介がありました。

正直あまり安いとも思えなかったですが、せっかくなので大きな梨を1つ購入。

横にそば店もありましたが、営業は14時まで。

14時にはまだ数分あったのですが、既に完全に閉まっていました。

 

白岡が梨の産地というのは、実は全然知らなかったのですが、

北に向かって再び走り出した道は、右も左も梨畑。

埼玉県にもこんな所があったなんて、と心弾ませつつ幸手に向かいます。

この後、悪夢の出来事が待ち受けていることも知らずに。。

 

白岡市立図書館について/白岡市生涯学習センター