図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

前橋市立図書館大胡分館(群馬県)

年の瀬迫る中、今年最後のツーリング。
群馬県赤城山麓の町、大胡(おおご)に来ました。

午前中仕事をして昼食後に出発したので、着いた頃には、はや夕暮れ。

まずは、町の中心部にあるはずの図書館を探しますが、近くまで来たのに場所が分からず。
市役所支所で聞くと、お隣の、市民文化会館シャンテの一階でした。
玄関には図書館の文字は見当たりません。
向かいには、コンクリートの壁で囲われた珍しい神社があります。

f:id:n344sj:20201225211000j:plain
左がシャンテ、右は八坂神社

もう日が暮れそうなので、平日は6時まで開いている図書館は後回しにして、大胡城跡を先に訪問。
歩いて数分の所にあります。

小さいながら、土塁や空堀が綺麗に残っています。
f:id:n344sj:20201225211033j:plain
上からの眺めもなかなか。町が一望できます。
f:id:n344sj:20201225211049j:plain

更に足を伸ばし、大胡神社へ。
時間も遅いので、誰もいませんが、立派な神社です。
f:id:n344sj:20201225211109j:plain

数日前に冬至を迎えた今、5時にはすっかり暗くなっています。
図書館に戻ります。
建物は立派なものでしたが、その中の図書館はかなり小ぢんまり。

コロナ対策で、滞在は30分以内に、とのこと。
閲覧席の椅子も撤去されています。
入ってすぐの所には、漫画、雑誌、新聞と並んでいます。
雑誌は30誌ほど、新聞も数紙。
その先には、絨毯敷きの絵本の部屋がありました。

CD、DVDも少量ながら置いていました。
大胡の町を紹介するVHSもあります。

奥には、講義室の様な学習室。
しかし、コロナ対策で閉鎖されています。

郷土資料の棚には、「みやま文庫」なる、群馬ローカルの文庫シリーズが揃っていました。
古い本が多いですが、今も刊行は続いているようです。
「前橋学ブックレット」なる、これまたローカルな冊子も。
いずれも地元の有力紙、上毛新聞社が関わっているようです。

蔵書数は、一般書が約1万8千、児童書が1万、視聴覚資料が9百、とのこと。
いつ出来たのかは分かりませんでしたが、
少なくとも大胡町前橋市に併合された2004年には、既にあったようです。

この日はクリスマス。
南に半kmほどの所にある上毛電鉄大胡駅は、イルミネーションで彩られていました。
f:id:n344sj:20201225211130j:plain

大胡分館/前橋市