図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

稚内市立図書館(北海道)

宗谷線稚内を目指すため、朝6時に旭川駅へ。
旭川のホテル近くのセイコーマートは営業前。
駅の中にセブンイレブンがありましたが、これもやはり営業前。
朝食の調達はできず、空腹のままやむなく乗車。

途中、名寄で長く停車したので、外に出てお店を探しますが、駅周辺に開いている店は無く。
諦めて、自販機で買ったコーンスープ缶を朝食にします。

電車(厳密には気動車)は、雪に埋もれた原野の中をひたすら走ります。
何も無い所で最徐行を始めたと思ったら、線路に鹿がいたり。

f:id:n344sj:20210402221805j:plain
鹿を警笛で追い払います

幌延でも20分停車。
何気なくスマホで調べると、駅のすぐそばに図書館が!
最初から狙っていれば訪問可能でしたが、
初動が遅れてしまったので、時間不足と判断し、断念。

6時間乗り続け、12時過ぎに遂に最北の駅、稚内に到着!
ツーリングで来たことはありますが、鉄道では初めて。
f:id:n344sj:20210402222817j:plain
駅近くのホテルに荷物を預け、再び駅へ。
10年前にリニューアルされたらしく、とても綺麗。
二階には何と映画館。
しかし、まだ13時だというのに、次の列車として案内されているのは、17時44分発の特急。
普通列車は日にたった3本。
この利便性では、客が減るのもやむを得ないでしょう。
客が少ないから本数が少ないのか、本数が少ないから客が少ないのか、鶏と卵論になってしまいますが。。

元は稚内港駅だっただけに、海はすぐ近く。
利尻、礼文へのフェリーターミナルは、驚くほど立派で綺麗。
f:id:n344sj:20210402222837j:plain
向かいには国際航路のターミナルがありますが、この日は便が無いのか閉まっていました。

続いて、駅から徒歩10分という、樺太記念館へ。
副港市場の二階ですが、市場のお店は開いていません。
併設の日帰り温泉施設は、去年廃業した模様。
昔の稚内港駅の再現セットがあり、ここは見学可能ですが、やはり誰もおらずちょっと不気味。
f:id:n344sj:20210402222913j:plain
不安が募りますが、二階の樺太記念館には職員の方がおり、普通に開いていました。
やはり客は私だけでしたが。。
嘗ては日本領で鉄道も走り、稚内が航路の玄関として賑わったという樺太
樺太と北海道を舞台にした壮大なアイヌ史の物語「熱源」を、旅の前に読破しておいたのは正解でした。
ソ連軍の侵攻を恐れて自決したという、九人の乙女のエピソードは胸を打ちます。

f:id:n344sj:20210402224351j:plain
日露国境に置かれた標石(のレプリカ)

宗谷本線のコーナーもありました。
廃止の噂もある同線を、皆で乗って残そう、という運動で、図書館でもパネル展示をしているとのこと。
何とか残って欲しいですが、あの本数でもっと乗ってくれと言われても市民も困るかと。。

駅の方に戻る途中の、旧瀬戸邸も見学。
地引き網親方の築約70年の家ということで、それほど古くはありません。
職員の方曰く「普通の家」だとか。。
f:id:n344sj:20210402222942j:plain
ここも、やはり私以外の客はいません。

稚内駅近くの商店街は、道行く人も無く、見事なまでのシャッター街
一応日曜日なのですが。
f:id:n344sj:20210402222958j:plain

丘の上の稚内公園まで行くのはちょっとしんどいので、途中の氷雪の門まで歩くことに。
しかし、入口に差し掛かった所で、通行止め!
f:id:n344sj:20210402223223j:plain
どうしようかと思っていたら、歩いて下りてくる人がいたので、車は駄目でも人は大丈夫と判断して、行ってみます。
道はちゃんと除雪されていて、人も結構いました。
上からは、稚内の町が一望。
f:id:n344sj:20210402223349j:plain
氷雪の門からは、樺太の島影がぼんやりと見えました。
f:id:n344sj:20210402223238j:plain
九人の乙女の碑もここにあります。
f:id:n344sj:20210402223304j:plain

約4km先のノシャップ岬まで、片道は歩こうと思っていましたが、時間も体力も無くなり、
一時間に4本と、田舎町にしては異様に高頻度で走っている、バスに乗ることにしました。

着いたのは4時。
寒流水族館からは蛍の光が流れています。
f:id:n344sj:20210402223414j:plain
昔来た時は、真夏なのにえらく寒かった記憶があるのですが、今日は比較的暖か。
夕日の名所なので、本日の日没時間が表示されています。
まだ2時間近く先で、そこまでは付き合えないので、
再びバスに乗り、いよいよ最大の目的地、図書館へ。

初乗りは220円。250円の次はいきなり380円と表示されていたので、いつ料金が上がるかヒヤヒヤしながら乗っていましたが、
ノシャップから南稚内駅の更に先までの6kmほどを、250円で来られました。
安くて便利な宗谷バス

大黒4丁目バス停から徒歩6分と案内されていますが、実際は3分くらいでした。
しかし門柱は見えたものの、本体の姿は雪の壁に隠れて、なかなか見えません。
f:id:n344sj:20210402223439j:plain
開館日、開館時間をwebで何度も確認していましたが、
この旅だけで、入れなかった図書館が4つもあるので、実際足を踏み入れるまでは不安で不安で。。
しかし大丈夫でした。
遂に、日本最北の図書館に!
f:id:n344sj:20210402223455j:plain
入口は、自動の回転ドアになっています。
まるで高級ホテル。
コロナ対策で、マスクをして来るのは勿論、
マスクを外さないでください、としつこく書かれています。

入ってすぐの所には、リサイクル本のコーナーがありました。今回の旅では、見たのは初めて。
図書館の除籍本でなく、利用者の持ち寄りの本のようです。

まずはCD、DVDのコーナー。
DVDは外国映画、ドラマ中心に充実しています。
稚内・サハリンのコーナーもあり、20枚ほどの映像資料がありました。
これだけ揃っていながら、貸出は出来ず館内視聴のみというのは、ちょっと勿体無い気がします。

漫画も新旧揃っており、なかなかの品揃え。

雑誌はソファを囲むように円形に置かれています。
上には花型の灯り。
撮影許可がもらえたので、写真を貼っておきます。
f:id:n344sj:20210402223541j:plain

館内は、かなり広め。
中に入っていくと、和室がありましたが、コロナのためか使用不可。

洋書もそこそこあります。
言語まぜこぜに置かれているのは珍しい。
英語が多いですが、よく見るとロシア語も結構あり、地域性が感じられます。

郷土資料も豊富。
稚内資料だけでも相当な数ですが、宗谷資料、南極関係資料も。
振り返れば、樺太資料。これだけで大きな棚を独占。九人の乙女の本もあります。
その裏は、アイヌ資料。
そのまた裏は北海道資料が計四面と、驚嘆の充実ぶり。

f:id:n344sj:20210402223607j:plain
豊富な郷土資料

横には道内各市町史の他、青森県史、市史はまだしも、
埼玉の岩槻市伊奈町桶川市蓮田市史まで。
他にも福井市焼津市彦根市下関市竹富町などなど、全国の色んな町のものがあります。
これら全部が姉妹都市とは思えませんが、どういうチョイスなのか。。?
ともあれ、まさに県立図書館レベル。

「色で読む本」という面白い企画もやっていました。
f:id:n344sj:20210402223637j:plain
本のカバーの色だけを基準に同色のものを集めて並べ、虹を作っています。本の例としては、
赤 :イベリコ豚を買いに
黄色:ツレがうつになりまして。
水色:小保方晴子日記
黒 :容疑者Xの献身
白 :デトロイト美術館の奇跡
といった具合。

横には、昔の稚内駅の写真が展示されています。
樺太記念館で紹介されていたものでしょう。

コンピュータの本は、あまりレベルの高いものはありませんでした。

蔵書数は約22万冊。
市立図書館としては70年超の歴史があるようですが、現在のものは2003年の開館とのこと。
正直、最北の図書館という称号に興味はありましたが、
中身にはさほど期待していませんでした。
しかし、人口3万の市のそれとは思えない、見事な充実度でした。
日曜日の夕方、利用者も結構多めでした。
そう言えば、沖縄本島の南端、糸満市の図書館も同じように立派だったことを思い出します。

閉館の6時が迫り、外に出ました。
(平日なら、何と8時まで開館!)
図書館の最寄り駅は、南稚内
元はこちらが稚内駅だったくらいなので、周りはそこそこ賑わっています。
近くで夕食を摂ってから、19時44分の下り最終普通列車で、稚内駅近くのホテルに帰ることに。
充実の一日でした。

f:id:n344sj:20210402223733j:plain
夜の稚内

稚内市立図書館