図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

北茨城市立図書館(茨城県)

山中の塙町から、太平洋岸のいわき市へバイクを走らせます。
あいにくの霧雨となり、ほとんど景色が見えない中、辛い1時間でした。

視界が晴れてきた頃、いわき市の南にある、勿来図書館に到着。
勿来と言いながら、お隣の植田の街にあります。
役場にしか見えない、見るからに古そうなビルです。
f:id:n344sj:20211012234604j:plain
いざ入ろうと思ったら、、、入口に「空調工事のため休館中」との掲示が。。
未練がましく図書館のある三階に上がってみましたが、本当に工事中でした。当たり前か。。

諦めて、昨日からテントを張っている、桂のキャンプ場に戻ることにします。
途中に寄れそうな適当な図書館が無いか検索すると、
北茨城市日立市の図書館が6時まで開いていそう。
どちらにするか暫し迷いましたが、日立までは6時に着けない恐れもあるので、北茨城に行くことにしました。

県境を越え、約5時間ぶりに茨城県に。
北茨城と言えば景勝地、五浦海岸があるので行ってみます。
時刻はもう5時過ぎ。岡倉天心が設計したという六角堂へ行く、五浦美術文化研究所の扉は閉まっていました。
肩を落として去ろうとしましたが、いや待てよ、確か他にも遠望できる場所があったはず。
更に南に進み、五浦岬公園へ。
駐車場にバイクを停めて歩くと、五浦海岸、六角堂が遠望できました。
f:id:n344sj:20211012235417j:plain
公園のすぐ傍には、大津岬灯台が寂しく佇んでいます。
f:id:n344sj:20211012235438j:plain

手早く名所巡りを済ませ、本日最後の訪問スポットとなりそうな、図書館へ。
北茨城市の図書館は、JR常磐線磯原駅の近く。
f:id:n344sj:20211013001447j:plain
日が暮れてしまい、良い写真が撮れませんが、
図書館と言うより美術館のような、美しいデザイン。
f:id:n344sj:20211013001740j:plain

中に足を踏み入れると、検温とアルコール噴射の一体機がお出迎え。

一階は児童書がメインです。
本棚の上には、カボチャの模型が乗っています。季節はもうハロウィン。

二階へ上がる階段の周りは、ループ状の雑誌コーナーになっていました。
その円の中心は、喫茶カウンターでした。あいにくもう閉まっていましたが。

二階は一般書。
木の床に、本棚も木製で、側板は紫や青の色が付いたガラス。
実に綺麗です。

階段傍の、やはり円形になっている棚は、芸術書、視聴覚資料、漫画のエリア。
CDは少ないですが、DVDは多いです。

通路にインターネット閲覧端末が幾つも置かれていますが、この机も丸く、囲いの壁も半円形。

建物自体もそうですが、通路も微妙に弧を描いていて、
全体的に”曲線美”にこだわっているように見えます。

「ひだまり交流テラス」は、飲食や談話が出来るスペースとのこと。
この時は閉館間際で、誰もいませんでした。

窓際にも、ずらっと閲覧席が並んでいます。
如何にも眺めが良さそうですが、日が暮れてしまい、何も見えません。
昼間なら太平洋が一望できるのか?と想像しましたが、
どうやら窓の向こうには大北川が流れている模様。
その更に先には海が見えるのかもしれませんが、確認できず。

郷土資料には、当地にアトリエを構えた岡倉天心、出身者である詩人野口雨情の本や、
嘗てこの周辺に多かった、炭坑についての本も。
茨城県の郷土文庫、ふるさと文庫はここにもありました。

このデザインセンス溢れる図書館、開館は2016年。
三階の屋上は、緊急避難場所にもなっています。
東日本大震災後の施設ならではでしょう。
蔵書数は約13万点とのこと。

この日は茨城、福島両県の計5館の図書館を訪問。
何とも個性的な所が目立ちました。
だからこそ、今時珍しいくらいオーソドックスな雰囲気の、勿来図書館にも入っておきたかった。。

その後は、桂のキャンプ場を目指し、街灯の無い真っ暗な山道を1時間以上、孤独な走行。
土曜日なので、キャンプ場は昨夜以上に賑わっていました。

北茨城市立図書館