図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

甲州市立塩山図書館(山梨県)

この日は、山梨の大菩薩嶺に登るため、車で朝6時半に出発。
ここ最近、月一度のペースで登山に出かけています。
途中、青梅から塩山へ向かう国道411号線の一部通行止めがあったりして、時間をロス。

登山口に着いたのは、10時過ぎ。駐車場は満杯で、少し離れた大菩薩湖近くの第4駐車場を案内されました。
車で10分、徒歩でも10分ほど余計に時間がかかりましたが、登山口に戻り、登山をスタート。
唐松尾根コースを通り、雷岩に到着。眼下に絶景が広がります。

標高2000m超の山上は、暑くもなく、寒くもなく、快適です。
日光白根山に続き、ここにも鹿が出現。登山客の視線を集めていました。

大菩薩嶺の山頂は2057m。一応この周辺の最高峰なのですが、眺望は利かず、あまり頂上っぽくはありません。

尾根を伝い、大菩薩峠へ。
大河小説「大菩薩峠」の作者、中里介山の文学碑が立っています。碑というより墓のように見えますが。

峠に建つ茶屋兼山荘の介山荘では、山梨名産の桃も売っていました。
ナイフも貸してくれ、自分で皮を剝いて食べることができます。
1つ300円と意外にリーズナブル。

山梨ならではの、取れたてのやや硬めの桃でした。

4時間ほどの登山を終え、
駐車場に戻る途中、案内の出ていた展望広場へ。
立派な木道を1㎞ほど歩いて着いたのですが、、大した展望ではありませんでした。

案内の写真によると、富士山と大菩薩湖が拝めるはずなのですが、
富士山が見えないのは天候の問題でしょうがないとして、湖もほとんど見えないのは一体どうしたことか。

帰りはそのまま青梅の方に戻るか、甲斐大和の方に抜けるか、塩山の街に下るか、迷う所でしたが、ガソリンも少なくなっていたので、塩山に向かうことにしました。
沿道には、桃の売店が幾つも出ています。

温泉町としても知られる塩山ですが、JR塩山駅の付近にはそんな雰囲気はありません。温泉街は少し離れた所だった模様。

目的地は、駅から西に1kmほどの所にある、市立図書館。
嘗ての塩山市は、勝沼などの周辺の町と合併し、現在は甲州市

着いたのは、文化会館と一体になった、かなり立派な施設でした。

駐車場から東を眺めると、山々が連なっています。
先ほど登った山も見えているのでしょうが、どれかは分かりません。

図書館の入口は左側。
コロナ対策の検温、消毒を経て中に入ると、同意書と称して名前や連絡も書かされました。
正面に雑誌棚。50誌ほどの内、1/5は行政の広報含むローカル誌。

中央に、郷土資料コーナーがあります。
10mはあろうかという長い棚にびっしりと本が並びます。
これはなかなかの充実ぶり、と思ったら、その裏も郷土資料。
「甲斐國志」「甲斐志料集成」「甲州文庫史料」「甲陽軍鑑」など、製本された古い史料がズラリ。「史」を「志」の字で表現するのは甲斐国の文化なのでしょうか。
安倍元首相の事件に絡み、狙撃されたことのある政治家として取り上げられていた金丸信氏は、山梨の人。「人間金丸信」始め、氏に関する本が多数。
小林一三の本も何冊もあります。阪急電鉄宝塚歌劇団の創設者として知られる人物なので、当然関西のイメージでしたが、なんと生まれは甲州とのこと。

大菩薩峠関連資料もあります。
蔵王町で見かけた全編全一巻の横には、全十巻のものも。
棚の上には、ウクライナコーナーが作られていました。
ウクライナチェルノブイリ、戦争についての本、絵本が置かれています。

そう言えば、甲斐と言えば、の武田信玄の本が無いなと思ったら、
武田信玄コーナーは別途、その横に設けられていました。
関連本が3、400冊はあります。やはり、山梨県民の誇り。別格です。

と思ったら、その奥にもまだ武田信玄コーナーの続きが!
甲陽軍鑑」「武田三代」などの本が。
海の無い甲斐で軍艦とは?と思ったら、「人は城…」などのフレーズで知られる武田家の軍学書だった模様。

窓の方には、漫画コーナーがあり、なかなか豊富。
棚3つ分と、文庫本と同じスペースを占めています。
図書館らしく、手塚治虫などが目立ちますが、
石ノ森章太郎「日本の歴史」、「花の慶次」、横山光輝の「織田信長」「伊達政宗」など、歴史ものも多め。
もちろん「武田信玄」も、ついでに「武田勝頼」もありました。

窓の下の棚にあるDVDは、子供向けが多め。
よく見るとVHSも混ざっていました。DVDサイズのケースに「ビデオ」と書かれたラベルが貼られています。実物は別置きのよう。「めぞん一刻」「ふしぎの海のナディア」など昔のアニメが多数。
CDは見当たりませんでした。

その奥は、じどうコーナー。三畳の畳が敷かれた空間もあります。
なお、図書館全体は絨毯敷。

奥には閲覧席を囲む、参考図書コーナー。
PC関係の本もここに。マニュアル本が中心で、あまり難しい本はありません。
その横には樋口一葉コーナー。関連本が数百冊はあります。
一葉って山梨出身だっけ?と思ってしまいましたが、そのからくりは、実は山梨市立図書館で既に学んでいました。
樋口家のルーツがここ塩山、ということで取り上げられているのですが、
東京に生まれ育って早逝した一葉本人は、恐らく一度も山梨を訪れたことは無いのではないかと。

その裏には「LGBTQ+」特集コーナーが。
歴史を重視しつつも、時流も取り入れています。

この、蔵書に妙に風格のある図書館。
その歴史を見ると、1955年に県立図書館の分館として開館、1982年に新築、1996年に市立図書館になったとのこと。
貴重な郷土資料の豊富さが頷けます。
しかし蔵書数は11万冊ほどのようで、さほど多いとは言えません。

閉館の午後5時になってしまったので、外に出ます。隣の文化会館はまだ入れるようだったので、覗いてみました。
歴史民俗資料室には、昔の教科書や、「わだつみ平和文庫」として、戦争記録、学徒兵の手記などが展示されていました。

玄関脇には、剣士のレリーフがありました。

武田信玄には見えないので、恐らく大菩薩峠の登場人物でしょう。正直、どういう話かは全然知らないのですが。

行きに通った道は、通行止めの迂回区間が結構過酷だったので、帰りは中央道か国道20号で帰るつもりだったのですが、日曜夕方は毎度お馴染みの大渋滞。
結局同じ道を引き返す方がましと判断、3時間かけて埼玉に帰りました。
それにしても日没後の国道411号は、怖いほどの交通量の少なさでした。

塩山図書館 | 甲州市立図書館