図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

熊谷市立図書館 熊谷駅前分室(埼玉県)

熊谷駅北口を出て左に曲がればすぐ。
駅周辺案内図にも描かれていないのですが、ひっそりと熊谷駅前分室があります。

ここは数年前に一度覗いたことがあり、図書館としての価値はほぼ無いのですが、
色んな意味でインパクトのある所でした。
今回は来る気はなかったのですが、
駅まで来ると、今を逃すと二度とここを紹介する機会もあるまいと思い、
再訪することにしました。

駅前には熊谷直実の像と、「ラグビーの町熊谷」の碑。
その傍にはラグビーボールの像までありました。
昨年のワールドカップにあやかって作られたのかと思いきや、そんなに新しいものでもなさそうです。
f:id:n344sj:20200126114957j:plain

飲食店、飲み屋が軒を連ねるような繁華街の雑居ビルに挟まれた、細長いビル。
少し先には風俗店の紹介所があるような場所で、繁華街と歓楽街の狭間です。
この中に図書館分室があることに気付く通行人は少ないでしょう。

f:id:n344sj:20200126115043j:plain
真ん中のビルの中に、分室があります

以前来た時は夜だったので、この雰囲気の中に図書館か、と衝撃的でしたが、
今回は昼間なのでそれほどでもありません。
入口には「熊谷駅前防犯センター 安心館」と大きく書かれていて、
図書館分室の表示は小さいです。

中に入ると、意外と奥行きがある、ということはなく、見た目通り狭いです。
管理人のおじさんが座っていて、二階に上がろうとすると
「おっ、上がりますか?」と言って電気を点けてくれます。
基本、滅多に人が来ることはないのでしょう。。

二階が図書室。小さな部屋の壁際に本棚が並ぶだけで、椅子も机もありません。
旅行ガイドが意外に充実していて、他は文芸書、実用書などがありますが、
せいぜい2000冊といったところ。
その限られたスペースの中で、なぜか東野圭吾の「容疑者Xの献身」「幻夜」は3冊ずつありました。
階段は三階に続きますが、立入禁止なので、ここだけです。
時間を潰しようもなく、数分で出ました。

この分室、主な目的は予約資料の受け渡しのようですが、どれだけ利用されているのでしょうか。
余所者が口出しすることでもないですが。

ところで、防犯センターとは何なのでしょう。
夜の街で不審者に追っかけられた時に逃げ込むのでしょうか。
ここに逃げ込んでもどうにもならなそうですが。。

熊谷は、ラグビーの町だけではなく、うどんの町としても売っているようで。
向かいに妙にお洒落な、カフェ風のうどん屋さんがあったので、ここで昼食を摂りました。

さて次は、県立図書館に向かいます。(さらに続く)


施設案内 熊谷駅前分室