図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

宇都宮市城山生涯学習センター図書室(栃木県)

日光を後にし、次に向かうは大谷石の採掘で知られる、大谷町。現在は宇都宮市の一部です。
大谷資料館を目指して車を走らせていると、徐々に景色が変わってきます。
大谷石剥き出しの山々が織りなす、異様な世界。

大谷資料館の駐車場から

資料館の駐車場に車を停め、入口に向かいます。
えらく汚い自動販売機が、、と思ったら大谷石のデザインだったようで。

この日は6月とは思えぬ猛暑日でしたが、この先、急に空気がひんやりとしてきます。地下洞の冷気が漏れてくるのでしょう。
この光景と空気。資料館の中に入らなくても、その手前まで来ただけで、充分に異空間体験が味わえます。

資料館に入りました。
展示室には、採掘のための機械などが展示されています。

いよいよ地下空間へ。空気は一段とひんやり。そして、広い!

映画やMVの撮影にも使われており、最近よくメディアで取り上げられている場所ですが、実際来て見てみると、やはり凄い!
奥に緑色に光っているのは、非公開の境界エリアの模様。

期待を上回る異空間ぶりでした。

この日は月曜日。その多くが休館日に設定している、図書館巡りには鬼門の日ですが、ここから1kmほど離れた所にある宇都宮市の図書室は開いている模様。

カーナビを頼りに辿り着いたのは、
生涯学習センター、市民センターの入る施設。

図書室は一階の一室でした。
小さな部屋の中央には、閲覧テーブルが4つと、児童書、紙芝居の棚。

その他の本棚は、壁伝いに並んでいます。
蔵書はかなり寂しめ。
コンピュータの本は数冊のみ。
旅行書も「るるぶ」などが少しあるだけで、一列のみです。
文庫本も数十冊ほど。

閲覧テーブルには、コロナ対策の透明アクリル板が立っています。
勉強中の青少年が二人。と思ったら途中からもう一人現れました。
図書館としては寂しいですが、学習室としては意外に活用されているようです。

新聞、雑誌は見当たりません。
大谷石についての資料があるかと思いましたが、地域資料コーナーも見当たりません。
その代わり、廊下の壁に、大谷町の歴史を伝える古い写真が飾られていました。

蔵書数は約8千冊、設置年は1994年との情報がありました。

目の前には、広大な田圃が広がっています。

嘗て大谷町という自治体が存在したものと思い込んでいましたが、旧城山村の中の一地名に過ぎなかったようで、その村の中心地がこの辺りだったようです。
その城山村が宇都宮市に吸収されたのも、今から70年近く前のこと。宇都宮と言えば餃子のイメージでしたが、大谷石の町でもあったのでした。

宇都宮市立図書館 城山生涯学習センター図書室

日光市立日光図書館(栃木県)

早起きして、日光白根山登山に出かけます。

丸沼高原スキー場に車を停め、ロープウェイで山頂駅へ。

と言ってもここは山頂ではなく、標高2000mのここからスタート。

名前が気になって寄ってみた、血の池地獄

と言うほど赤くはありませんが、水中に謎の巨大卵が浮遊しており、不気味でした。

地獄から一転、天国のような光景の五色沼

山頂は標高2578m。中禅寺湖も見渡せる絶景が待っていました。
関東最高峰で、ここより北にはこれ以上高い山は無いとか。

再びロープウェイ山頂駅に戻り、ゴール。
予想より大幅に遅く、午後4時ほどになってしまいました。

この日は日光市の郊外、中禅寺湖寄りの郊外に宿を取っています。
予定ではホテルにチェックインしてから、夕方6時まで開いている日光図書館に歩いて行くくらいの余裕があるはずだったのですが、
気が付けば、車を飛ばしても間に合うかどうか、ぎりぎりの時刻。
この日は日曜日。翌月曜日は休館日なので、何としてもこの日の内に行かねば。
中禅寺湖も素通り、いろは坂をスイスイ下り、ホテルも通り過ぎ、閉館十数分前に滑り込み到着。
日光市役所の中にある一室、だと思っていたら、今市市と合併してから市役所は旧今市市域にあるようで、ここは支所でした。

駐車券を取り、慌てて中に入ります。
木製タイルの床に、白いスチール棚。かなり新しそうな図書館です。
中央部には閲覧机が幾つかあり、広々とした空間になっています。
その周りを本棚が遠巻きに囲むような感じで、本の数はさほど多くなさそう。

しかし、やはりここは歴史と伝統の町。郷土資料は充実しています。
「日光に関する本」はもちろん「徳川家に関する本」「外国人の見た日光」などのコーナーがそれぞれ充実の蔵書を持っています。
こちらも合併して日光市となった、足尾銅山を抱える足尾町に関する「足尾、田中正造に関する本」もあります。
「栃木に関する本」には古めかしい「下野史談」のほか、「食べ歩き」なるコーナーも。

雑誌は35誌ほど。
洋書コーナーもありました。置いているのは数百冊ほど。

別室として、辞書類の並ぶリファレンス室に、学習室、おやこどくしょしつもあります。

CD、DVDもありました。
数は多くありませんが、DVDは郷土もの、アニメが比較的充実しています。

蔵書数は約10.8万冊。
1977年開館ですが、現在の施設はやはり新しく、2018年にオープンしたばかりのようです。
僅か10分ほどの時間しかありませんでしたが、思いの外小さな図書館だったので、見て回ることが出来ました。
しかし、慌てていたので写真を撮り忘れたことに、ホテルに着いてから気付きました。。

翌日は、寂光の滝を見てから、

世界遺産日光の社寺」エリアへ。
日光のシンボルと言えば東照宮ですが、ここは昔行ったことがあるので、今回は輪王寺二荒山神社を見ることにしました。

輪王寺の駐車場に車を停めます。ここは一日500円と、この近辺ではかなり安め。
すぐ隣の東照宮は600円だったり、二荒山神社は700円だったりと、なぜか微妙に異なります。

三仏堂、宝物館、大猷院のセット入場券を購入し、
まずは宝物館へ。
中に、逍遥園なる庭園がありました。

三仏堂は九年に一度の秘仏の特別開帳中とのことでしたが、その秘仏「鎮将夜叉尊」は、数センチのミニチュアサイズ。
当然撮影禁止です。

やや離れた所にある、大猷院は、徳川光秀の墓所
金箔張りの寺院は、金閣寺中尊寺金色堂と並び日本で三例とか。

解説によると、山門にあった「烏摩勒伽(うまろきゃ)」なる仏は、日本でここだけとか。
膝に象さんがおり、これが「膝小僧」の語源とか。本当か?と正直思ってしまいましたが。

大猷院の横にある、二荒山神社

輪王寺もそうでしたが、こちらも東照宮に負けず劣らずの派手な装飾でした。

代表的存在の東照宮はパスしてしまいましたが、充分に日光の歴史的建築を堪能できました。

最後に、忘れずに図書館の写真を撮影してから、

日光の町を後にしました。

施設案内 日光図書館 – 日光市立図書館

鶴ヶ島市立図書館南分室(埼玉県)

6月とは思えない猛暑となったこの日、不調のバイクのテスト走行をしていて、鶴ヶ島まで来ました。
折角なので、鶴ヶ島市に幾つもある、図書館分室へ。
やって来たのは南分室。
大きな駐車場の隣は茶畑になっています。

集会室、和室、保育室などのある市民センターの、一階にありました。

想像通り、小さな一室で、その大半は児童書が占めているように見えます。
ティーンズコーナーの脇には、マンガコーナーがありました。
名探偵コナン」「ドラゴンボール」「ごくせん」など、メジャーな本が並びます。
その前には文庫サイズのマンガ棚もあり、見たことのない少女漫画が多数、置いていました。

郷土資料コーナーも、小さいながらありました。
市制施行前の「鶴ヶ島町史」や、行政資料が置いています。

雑誌は7誌、新聞は毎日のみと、かなり寂しめ。置いてあるだけマシでしょうか。
CDは、数十枚がカウンター前に置かれていました。

私がいつもチェックするコンピュータの本は、数十冊。
旅行書は「地球の歩き方」「るるぶ」「まっぷる」など、それなりにあります。

文庫本は、廊下側のガラス窓沿いの、円弧状の棚にあります。
その前に回転棚が、入口付近には時代小説専用の棚もあり、更に外国の小説は離れた所にあり、合わせるとなかなかの数になりそう。

蔵書数は約2.2万冊。
開館は1985年と、なかなかの歴史です。
開いているのは水、金、土、日のみなので、要注意。

周辺は、住宅と農地が混在。
横は公園になっています。

公園から

スーパーのヤオコーが数百m先にありますが、他にはお店の類は無し。
実は東武東上線鶴ヶ島駅から500mほどの近さなのですが、そんな雰囲気は無い、長閑な所です。

施設案内 | 鶴ヶ島市立図書館

昭島市民図書館昭和分館(東京都)

立川市から昭島市に入り、アウトドアショップの集まるモール、モリパークアウトドアヴィレッジが近づいて来ました。
駐車場へは右折の案内が出ていたものの、左の方にもあるかと思って駅の方に進んでみたら、結局無し。
ぐるっと一周して戻って来たら、こちらの車線からは駐車場に入れず。
Uターンも出来ないので、方向転換のため更にぐるっと周って来て、ようやく駐車場へ。
しかし、昨今のアウトドアブームのせいか、元々キャパが小さいせいか、満車。ゲートが開くまで少々待たされました。

時間とガソリンをロスしてしまいましたが、ついに入場。中は緑で溢れています。

先日行った八ヶ岳のアウトレットを思い出しますが、人の入りは全然違います。
また、ボルダリングの壁があったり、カヌー教室の開かれる池があったりで、否が応でもアウトドア気分が盛り上がります。

結局買い物したのは、近所にもお店のあるブランド。これなら遠出してくる必要も無かったのですが、色々なブランドの商品が一堂に見られ、楽しめました。

去年訪れた昭島市民図書館はなかなか印象的な所でしたが、その分館が近くにあるようなので、行ってみます。
徒歩数分にあるJR昭島駅に行き、南口に抜けて更に徒歩数分。
大通りから入った狭い路地の先にあるのは、昭和分館。
名前の通り、昭和の雰囲気を漂わせた古びた施設です。

路地のどん詰まりには、やはり昭和の空気に包まれたお店が建っていました。

気付けば、閉館の5時まで残り10分ほど。中に入ってみます。
図書館は、10分あれば見るのに充分な、想像以上に小さな一室。一日楽しめそうだった本館とはかなりの格差ですが、職員さんは二人もいました。

蔵書の半分以上は児童書と見え、一般書は少々寂しめ。
CDが、数百枚の少量ながら置いています。
小さな地域資料コーナーには、昔の立川、昭島の風景を収める写真集が数冊ありました。

雑誌も少なく、20誌ほど。
そんな中に「山と溪谷」があるのは、アウトドアの聖地を持つ町の面目躍如。
新聞は、朝日しか置いていないようです。

文庫本は大きな棚にびっしりと並んでおり、まあまあの数。
変わらぬ人気の佐伯泰英は、別置きになっていました。
コンピュータの本は、数十冊でした。

開館は昭和48年で、来年で50周年ということになります。
蔵書数は約2.4万冊で、過半数が児童書です。

昭島駅南口

昭島の町の名前は、昭和と拝島という2つの町から1文字ずつ取った合成地名だそうで、この辺りは旧昭和町だったようです。
昭島という地名は歴史の浅いことが分かりましたが、その前身の昭和町の名も当然大正時代には無いわけで、百年に満たないのは明らか。これからどんな歴史を積み重ねて行くのでしょうか。

昭和分館 | 各館案内 | 昭島市民図書館

立川市西砂図書館(東京都)

昭島にアウトドアショップの集まるモールがあると聞き、車で出掛けてみることにしました。
途中、目的地まであと数㎞という所にある、立川市の図書館に立ち寄りました。

到着したのは、立川市西部の西砂図書館。
周辺は、農地の面影を残す住宅地。
少々わかりづらい場所で、ここまでの道のりはカーナビの案内頼りでした。

二階には学習館などが入る、古い複合施設。
図書館は一階です。黄緑色の床が印象的。
絵本コーナーは絨毯敷きで、結構な面積を占めています。

カウンターの近くには、CDコーナーがありました。
海外物は少なめですが、国内ポピュラーは新旧織り交ぜたラインナップ。
その横は、マンガの棚。
のだめカンタービレ」「ワンピース」「はだしのゲン」など、図書館らしい無難な品揃え。

奥に進むと、「飛行機・飛行場コーナー」がありました。
立川は所沢と同じく、嘗て飛行場のあった町。
。。と思っていたら、防衛省管理の飛行場が現在もある模様。
関連する本が多数(約300冊とのこと)置かれています。戦記物の、光人社NF文庫も置いています。

その隣は「砂川資料コーナー」。玉川上水や砂川闘争に関する本が何冊かあります。
正直知りませんでしたが、砂川闘争とは、昭和30年代当時、米軍施設だった立川飛行場の拡張計画に対する、住民の反対闘争だそう。成田の三里塚闘争もこれが原点だとか。
その隣は、「地域・行政資料コーナー」。立川に限らず、多摩、昭島、八王子など近隣地域に関する本があります。
近くには「郷土立川を知る」と称し、古い写真を展示する額が飾られていました。

私がいつもチェックする、コンピュータの本はと言うと、総記の所にも電気工学の所にも見当たりません。
まさか全く置いていないのか?と思ったら、館内ほぼ中央、絵本コーナーの前に専用の棚がありました。

小さな図書館ですが、文庫本はそこそこ豊富。大きな棚が両面、文庫本で占められています。
数は少なめですが、海外小説はまた別の所にありました。

雑誌は50誌ほど。
新聞はと言うと、スペースが足りないのか、部屋の外にありました。

蔵書数は約6.5万冊。開館は1978年。
立川市の図書館に来たのは、約1年前の幸図書館以来でしたが、この両館は図らずも同じ年に開館していました。

再び外に出ると、玄関の横には、周辺の案内図がありました。

周辺にはこれと言って何があるわけでもありませんが、区割りは開拓農地の面影を残しています。

図書館前の道

西砂図書館のご案内 - 立川市図書館

所沢市立所沢図書館富岡分館(埼玉県)

平日ですが、所用で所沢へ。
順調に用事が済んだので、所沢市の図書館に寄って行きます。
目指すは所沢市の北の端、富岡分館。
交通手段はバイク。天気予報を考慮してこの日を選んだのに、結局雨に降られました。

途中、「食の駅」を見つけ立ち寄り。
ただのスーパーかとも思いましたが、地元産の野菜を中心に扱う「道の駅」のようなお店。地元の人で賑わっていました。

その先の交差点には、若山牧水の歌碑の案内矢印が出ていました。
ここで曲がる道を間違え、時間をロス。
狭い路地を迷いながら進み、着いたのは公民館、体育館など色々入った大きな施設。
小雨の降る中、屋根付きの駐車場、駐輪場があるのが助かりました。

向かいには紫陽花が咲き、最近流行りのシェアサイクルが置かれています。

一階には音楽室、和室、調理室などが入っています。
ロビーには、チコちゃんと紫陽花が飾られていました。

図書館は二階。
埼玉西武ライオンズの垂れ幕が懸かっています。

そう言えば、まさに所沢市はホームタウンでした。

図書館入口

入口を入ってすぐ、リサイクル本のコーナーがありました。
小さな拍子木のようなタイル張りの床、まだ新しそうです。

右半分が児童書。
絨毯敷きのえほんコーナーもあります。
郷土資料、参考資料もなぜか児童書エリアにあります。
行政資料、遺跡の報告書、市議会会議録など。
地域の文芸誌もありました。

中央にある雑誌コーナーには、40誌ほど。
航空公園の図書館本館にあった「航空管制」がここにもありました。

一般書の方は、本棚が高め。
文庫本は多く、左奥の壁一面がほぼ文庫本で占められています。

私がチェックするコンピュータ関連、旅行書は隣り合っていました。
どちらも少なめ。
コンピュータについては、やや高度な本も混ざっていますが。

洋書も、30冊ほどですがありました。

書庫への扉の横には、可動式の本棚もありました。これも書庫のようです。
奥には非常口があり、外の様子が拝めますが、ここからの出入りは禁止。
蔵書数は約5.7万冊、開館は1987年とのこと。

周囲は基本的には住宅地ですが、裏手には、畑が広がっていました。

玄関の脇には、若山牧水の歌碑を紹介する看板が立っていました。

先ほどの交差点にあった物のようなので、帰りに寄ってみます。

先ほどの交差点。駐車スペースがあったのでバイクを停めます。
歌碑の矢印を示す先には、神社があるのみ。

よく見ると、左の塀の切れ目から入れます。
一般の住宅の敷地にしか見えないけど、入って良いんだろうか?と思いつつ行くと、また矢印。

この矢印の向きは全く不正確でしたが、歌碑はちゃんとありました。

若山牧水歌碑

帰り道、所沢市三芳町の境にある多聞院。
お寺と言えば紫陽花かな、と思って覗いてみると、やはり咲いていました。

所沢図書館 富岡分館

朝霞市西朝霞公民館図書室(埼玉県)

近くに買い物に来たついでに、朝霞市の公民館図書室を訪ねました。
朝霞台駅から南に1km超。川越街道からも1kmほど。
少々分かりにくい場所ですが、館内標識がそこかしこに出ていたので、
それに従って行くと着きました。

西朝霞公民館

図書室は、公民館の中の一室です。
小さな部屋に、閲覧テーブルが2つ。
児童書が1/3ほどを占め、紙芝居も置いています。
ティーンズコーナーもありますが、小さい棚1つ分だけ。

奥が一般書ですが、本は全体的に少なめ。
コンピュータの本は、数えるほどしかありません。
文庫本はそこそこあります。各本棚の上などに分散して置かれています。
時代小説、ミステリーが多め。

参考資料、郷土資料は小さなガラスケース入り。
辞書や行政資料が入っています。
新聞、雑誌、視聴覚資料は見当たりません。

開館は1984年、蔵書数は約1.4万冊とのことです。

周辺は、緑豊かな住宅街。背後が崖の、低地にあります。
黒目川までは、徒歩数分の距離。
川の中に入って、釣りだか漁だかをしている人がいます。

黒目川

GoogleMapを見ると、公民館と川の間に、「本田美奈子ミュージアム」という文字が見えます。
そう言えば図書館本館で学んだように、本田さんは朝霞の出身。
しかしそこには、無機質な倉庫があるのみ。
今はもう無いのかと思いましたが、、
裏に回ってみると、確かにありました。

営業している様子ではないのですが、シャッターが半開きになっているので覗いてみると、作業中の人が。
少し中を見させてもらえました。

劇団の舞台があるようで、中では何やら稽古をしている様子。
ミュージアムという雰囲気では無いですが、本田美奈子さんの写真パネルなども飾られていました。
7月には展示会があるので、また来てください、とのことでした。

ミュージアムの反対側、公民館の背後の斜面は、公園になっています。

島の上公園

地形を活かした、長い滑り台もありました。

あまり使われている気配はありませんが、だからこそなかなかの迫力です。

西朝霞公民館図書室 | 朝霞市立図書館