図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

入間市立図書館西武分館(埼玉県)

天覧山を後にし、飯能市のもう一つの名所、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園へ。
昨年できたテーマパーク、ムーミンバレーパークと混同されがちですが、こちらは23年前からある、入場無料の公共公園。
共に飯能市内ですが、5kmほども離れています。
f:id:n344sj:20201124213336j:plain
北欧をイメージした、ユニークな建物と高い並木で、
小さいながらもメルヘンの世界に浸れる、面白い空間でした。
飯能がバレーパークの誘致に成功したのは、ここの存在が実績としてアピールできたためとか。
f:id:n344sj:20201124213358j:plain
入間市との境界線がすぐそこで、ここの最寄りの図書館は、入間市立。
公園入口の目の前の道を東に2kmほど、
西武池袋線仏子(ぶし)駅のすぐ傍にある、西武分館を訪れました。

お隣には団地が広がり、コンビニやファミレスも近く。
駐輪場にバイクを停めますが、すぐ手前に神社があったので、まずはそちらへ。
銀杏の木の葉はかなり落ちていますが、その落葉が織り成す黄金の絨毯が見事でした。

f:id:n344sj:20201124213435j:plain
八坂神社の境内

いざ、図書館へ。
f:id:n344sj:20201124213519j:plain
内外装とも、ごくスタンダードな図書館、という感じ。
左手が児童書、右手が一般書と分かれています。

入間市の図書館では、7月に藤沢分館を訪ねましたが、そこより少し小さめでしょうか。

まずは雑誌コーナー。50誌ほどでした。
文庫本は結構豊富。
地理、紀行の類もそこそこ多めです。

一番奥の壁は、全集類で埋め尽くされています。
「日本の名随筆」別巻合わせて全200巻、「マーク・トウェインコレクション」「韓国の現代文学」「日本思想大系」「モダン都市文学」
など、あまり見かけない渋めのシリーズ物が多数。

窓の下は、大型美術書の棚が続いています。
視聴覚資料は無い模様。

手に取った本は棚に戻さずカウンターに返してください、返却された本は次の貸出まで36時間待機させます、などの注意書きが見られ、
かなり徹底したコロナ対策を感じさせます。

閉館の5時が迫り、そろそろ出なくては。
しかし何か物足りないと思っていたら、二階もありました。
二階の参考図書室の中には、郷土資料も置かれており、入間市の名産、お茶の本が多数。
同じくお茶どころの、京都の和束町の図書室を思い出しました。

それにしても、「西武」という名前の由来が気になりました。
地名としては存在しないものの、市役所支所や小中学校の名前にもなっているようで。
まさか、西武線の駅が近いからでも無いでしょうが。
調べたところ、僅か13年間ですが、嘗て西武町という自治体が存在しており、その流れだったようです。
その町名の由来はと言うと、武蔵国の西方にあるから、という安易なものでした。
しかしこの図書館が出来たのは平成5年のようで、西武町が入間市編入された昭和42年の、遥か後でした。

先ほどの長い名前の公園、休日は夜間ライトアップをしているとのことなので、再び行ってみることにしました。
しかしいざ走り出すと、道路は大渋滞。
ライトアップがそんなに人気なのか?と訝しみましたが、単に西武線の踏切で停滞しているだけでした。
公園はさほど混んではおらず、
日中とはまた違った、ファンタジーの世界が広がっていました。

f:id:n344sj:20201124213609j:plain
灯りは少なめで、落ち着いた雰囲気

市内図書館のご案内 | 図書館WEBサービス

飯能市立図書館(埼玉県)

この三連休は、長野、新潟方面にでもツーリングに行こうと思っていたのですが、
新型コロナの感染急拡大で「我慢の三連休」などと言われ始め、
おまけに天気予報もいまひとつで、行く気が萎えてしまいました。

しかしここ埼玉県は、絶好の行楽日和が続くので、
連休最終日は近場にバイクで出掛けることにしました。
先日ちょっといいカメラを買ったので、そのデビュー戦も兼ねて。

目指したのはバイクで1時間ほどの、飯能市
ここには紅葉の名所も、魅力的な図書館もあります。

平成25(2013)年開館の市立図書館。
飯能特産の木材を多用した高いデザイン性で、
開館当時はちょっとした話題になり、私も見に来ました。
話題と言っても、新聞の地方版にやや大きめの記事が載っていただけですが。。
あれ以来、約7年ぶりの訪問と言うことになります。
f:id:n344sj:20201124002327j:plain
街の中心からはやや離れ、
北は子育て総合センター、南は小学校に挟まれた一角。
隣接する空き地は、「OH臨時駐車場」となっていました。
OHって何?と思いましたが、その謎は後ほど解けました。

いざ、中に入ります。
f:id:n344sj:20201124002353j:plain
壁はガラス張り。
木製の柱は、樹木のように、太い幹から鉛筆のような形をした枝が分かれています。
高い天井は吹き抜け。上には大きな木の板が斜めに渡されています。

右手は児童書、左手は一般書。
ここから半㎞ほど南に、こども図書館があるのですが、
ここにも児童書は置かれています。

左に進むと、「ホッケーのまち」の特集コーナーがありました。
飯能がホッケーのまちとは知りませんでしたが、
ホッケー場、ホッケーチームがあり、町興しネタの一つにしているようです。
それでいて、サッカー場の建設計画が物議を醸していると先日テレビで見ましたが。。

その先には、「ムーミンフィンランド資料コーナー」がありました。
ムーミンバレーパークが昨年開業し、
ムーミンの町と言うイメージが定着した飯能。
ムーミンの本がたくさんありますが、
原作者トーベ・ヤンソンムーミン以外の本も多数置いています。
フィンランド大使館からの寄贈もあるようです。

その次は、郷土資料。
あいにく私は存じ上げませんが、
打木村治、田中順三、蔵原伸ニ郎といった作家の本が並んでいます。
打木氏の本は古いものが多く、昭和16年、17年刊行の本までありました。
その下には、萩尾望都女史の漫画が大量に置かれています。
当地の出身ではありませんが、飯能在住のようです。
姉妹都市の米国ブレア市の資料として、洋書も少々ありました。

その次は、森林、木材、
更にその次は登山、ウォーキングなどの本が置かれており、地域性が出ています。

CD、DVDも置いていますが、どちらも数百枚程度と少なめ。
ムーミンのDVDはしっかり何枚か置かれていました。

障子風の壁に囲まれた閲覧席もあります。
中は、写真集に囲まれていました。
コロナ対策で、椅子は撤去されています。

庭に張り出した社会人読書席もありました。
窓の外は大きな玉砂利が敷かれ、何とも優雅な空間。
館内の随所に撮影禁止と掲げられていたので、外から撮った写真を貼っておきます。
f:id:n344sj:20201124002427j:plain
二階に上がると、学習席のみで、本は置かれていません。
階下を見下ろす眺めの良い学習席は、学生で賑わっていました。

蔵書数は約24万。
ルーツは昭和25年に役場内に設置された図書室とのことで、かなりの歴史です。

南に少し歩くと、観音寺というお寺がありました。
ここの紅葉もなかなか。
f:id:n344sj:20201124002453j:plain
眼下の飯能河原は、バーベキュー客で賑わっていました。

信号を渡った所にある公民館は、
昭和49年から平成25年までは図書館でした。
秩父方面に行く際は、よく目の前を通っていたのですが、
中に入ったことは無く、結局入ることが無いまま移転してしまいました。

f:id:n344sj:20201124002525j:plain
旧図書館。今は公民館。

この辺りで昼食にしようと店を探しますが、適当な店が見つからず、
結局1㎞ほども歩いて飯能駅の近くまで来てしまいました。
安そうな中華料理店に入ると、600円の麻婆豆腐ランチが意外にも本格的な味で、大満足。

f:id:n344sj:20201124002608j:plain
飯能駅前通り

再び図書館まで歩き、飯能の名所、天覧山に向けて出発!
と意気込むも、バイクのエンジンが温まる間もなく、交差点を越えたらすぐそこでした。
記憶ではもう少し離れていたのですが。。歩いても余裕で行ける距離でした。

駐車場の周りは人と車で大いに賑わっていますが、
どうやら先月、ここに発酵食品のテーマパークが開業したそうで。
先ほどのOHというのは、これでした。

無料の市立博物館を覗いてから、
麓にある紅葉の名所、能仁寺を散策。
来る前は、まだ少し早いかなと危惧していたのですが、見事に色づいていました。

f:id:n344sj:20201124002721j:plain
能仁寺の紅葉

そして、いざ、天覧山登頂へ!
。。僅か10分ほどで頂上に着いてしまいました。
標高たったの195mですが、眺めは良く、遥か遠くの東京のビル群も拝めました。
ただし、頂上は木が繁っているので、実は中腹の方が視界が開けていたりします。

f:id:n344sj:20201124002905j:plain
天覧山中腹からの眺め

市立図書館 - 飯能市立図書館

栃木市栃木図書館(栃木県)

蔵造りの街、栃木市に入ってきました。
f:id:n344sj:20201118074144j:plain
古い家並みの残る街は好きで、ここも過去に三度ほど来ていますが、なぜかいつも夕暮れ時で、
じっくり散策できたことがありません。
今回はまた、一段と遅い時間になってしまいました。

しかし栃木市の図書館は、どこも夜7時半まで開館しているようで、日暮れ時に来ても安心。
その中の中心的存在の栃木図書館は、街の中心部からも近い、静かな住宅地の中にあります。
周りにはお寺も多く、大きな墓地が目の前。
f:id:n344sj:20201116003920j:plain

玄関をくぐると、左手にはCD、DVD、新聞・雑誌の部屋。
VHSもあるようですが、テープ自体は並んでおらず、ケースのコピーを
冊子にしたものが置かれているだけでした。

天井から、分類を示すプレートが吊り下げられていて、遠くからでもどこにどんな本が置かれているか
分かるようになっていました。
図書館においては、ありそうで無いアイデアです。

一階はその他、児童書、文学、歴史、地理などの本が置かれています。

奥の方に置かれている文庫本は、相当な数。
30冊×8段×22棚とざっくり見積もって、5千冊ほどでしょうか。
新書も同じく豊富。40冊×7段×9棚で2千5百冊ほどと見ました。

秋の火災予防運動の実施中ということで、
消防のポスターが多数貼られている一角がありました。
「傍聞き」「鎮火報」など、消防士を扱った本も集められていました。
気の早いクリスマスツリーも飾られていて、年の瀬が迫っていることを思い知らされました。

中央にある階段で、二階へ。

窓の下には、延々と画集が並べられており、相当な数。
参考図書のコーナーには、別冊太陽も揃っていました。
ここには外国語の本も結構置いていますが、ほぼ英語のみでした。

郷土資料室へ向かう目立たない所には、レコードも置かれていました。
数は、数百枚程度。貸し出しもできるようです。
ジャンルはクラシック、民族音楽、映画音楽など。ポピュラー系は見当たりません。

郷土資料室に入ってすぐの棚には、
ゆかりの作家として、三人の作家の本が集められていました。

まずは、山本有三
古い本が多く、昭和20年代のものも多数。戦前の昭和17年や18年発行の文庫本までありました。
よく見ると同じ本が多く、「路傍の石」は新旧織り交ぜ20冊ほどもあります。

続いて、吉屋信子
存じませんでしたが、大正から昭和初期にかけて大人気を誇った女流作家だそうです。

最後は、柴田トヨ
100歳の詩人として話題になったのが、まだ記憶に新しいところです。

室内には、県史、市史の類の他、栃木を舞台にした歌集、句集、詩集なども豊富。
統計資料、白書類から、足利工大国学院栃木短大等の地元大学の研究目録まで。
小さな飲食コーナーもありますが、コロナ禍の今は、閉鎖され本置き場になっていました。

栃木市には、とち介なるご当地キャラがいるようで、出口前に関連グッズが陳列されていました。
よく見ると値段が書かれており、販売もしている模様。
図書館で商売をしているのは、なかなか珍しいです。

この図書館、開館したのは1958年。現在の建物は1986年完成とのこと。
蔵書数は約33万冊。
嘗ては県庁所在地だったこともある、歴史と伝統の街に相応しい、立派な図書館でした。

図書館から歩いて5分ほどの所に、栃木市の新名所、岩下の新生姜ミュージアムがあります。

f:id:n344sj:20201116004035j:plain
七色に変化する、巨大な生姜のオブジェ

出来て間も無いのかと思っていたら、もう5年ほど経っているようで、
有名人のサイン色紙が大量に飾られていました。
しかしよく見ると半分以上は、有名人なのかどうか定かでない、知らない人。
館内は何があるかと言うと、所謂インスタ映えを狙った、面白い写真の撮れるフォトスタジオのようで、
ミュージアムという感じでもありません。
生姜を使った料理、ソフトクリーム、お茶などを提供するカフェテリアもありますが、
閉館時間間際で既にラストオーダーを過ぎていました。

少し、古い街並みを散策。
f:id:n344sj:20201116221632j:plain
蔵の街の雰囲気に合わせて、スターバックスファミリーマート、銀行なども地味な装い。
図書館はなかなか遅くまで頑張っているのに、街中のお店は6時を過ぎるとほとんど閉まっています。
或いは、もう永いこと開いていないのかもしれませんが。。
茶店でお茶をしようとしても、開いてる店が見つからず、やはりスタバしか無いかと思った矢先、裏通りにお店を発見。
f:id:n344sj:20201116232231j:plain
ここも7時までなので、ぎりぎりでしたが。
短い時間ながら、栃木の街を堪能でき、満足して家路に就きました。

栃木市栃木図書館

 

栃木市大平図書館(栃木県)

この日は、紅葉狩りをすべく、栃木市までドライブ。
最近、車の ETC 車載器の調子が悪く、料金所のゲートが開かないことがしばしば。
今日は開いてくれるかな?とドキドキしながら通っていました。
買い替えないと駄目かと思っていたのですが、昨日カー用品店で、思いがけず
車載器のレンズのクリーニングをしてもらえました。
その効果や如何に、というのを確認したい、というのが実はドライブの一番の目的。

東北道を使う時の定番、久喜ICから入ります。
緊張しながら、いざゲートに進入。。。無事、開きました。
20分ほど走り、佐野藤岡ICから出ると、、、ここでも無事オープン。
まだ2回の成功だけで断定はできませんが、効果あったのかも、と思え一安心。

ICの近くにある、佐野プレミアムアウトレットにちょっと寄り道。
f:id:n344sj:20201116000826j:plain
コロナどこ吹く風で、大いに賑わっていました。
30分ほどで去るつもりでしたが、スニーカーを買うかどうか迷ったりして、
気が付けば1時間半ほど居座ってしまいました。

アウトレットモールを出て、車で20分ほど。
大平町、現栃木市の図書館に着きました。
f:id:n344sj:20201115235725j:plain
日立系列の大きな工場の近くですが、公民館、文化会館、商工会館などが集まっており、
大平町の官庁街、といった趣き。
周囲は住宅は多いですが、お店の類はあまりありません。
図書館の前は小さな林があり、緑に包まれています。

館内に入ると、「大平の四季」というカラフルな格子柄の壁画が。
その前には、雑誌リサイクルの机があり、不要な雑誌が置かれていました。
児童書購入などの資金集めということで、募金箱も置かれていました。

CDはなかなか豊富。ざっと見積もって四千枚ほどあります。
早くも、クリスマスCDのコーナーも作られていました。
よく見れば、壁にもクリスマスの飾り付けがあったりして。もうそんな時期なのでしょうか。
DVDもありますが、こちらは千枚ほどでした。

コンピュータ関連はぱっとしませんでしたが、全体的には蔵書は充実しています。
分類も細かくされています。

大きな窓からは林が眺められ、高原にでも来たような、中々良い雰囲気。リラックスできます。

f:id:n344sj:20201116000854j:plain
図書館前の林

二階には、学習室も兼ねたリファレンス室がありました。
ここはコロナ対策で、13時半から14時半の間は閉鎖して、消毒作業をしているとのこと。
午前の部の内に来るつもりだったのですが、結局は午後の部になってしまいました。
中には辞書、辞典類がずらりと並んでいますが、郷土資料も中々充実しています。
画家、田中一村の本が何冊も置かれていました。
奄美で多くの作品を残した彼が、栃木の出身という意外な事実を初めて知りました。

当地での開館は1985年、蔵書数は17万点とのこと。
元町立図書館にしては、かなり立派な部類でしょう。

f:id:n344sj:20201122105325j:plain
図書館前の様子

図書館を後にし、お次は標高341mの太平山。山頂近くの謙信平まで、5kmほどの距離。
時間が遅くなったお陰で渋滞にも遭わず、すんなりと駐車場に入れました。
太平山の紅葉が見頃、というネット情報に惹かれて、やって来たのですが、
正直なところ、紅葉はお見事、というほどでもありませんでした。
まだ緑の葉も多く、紅葉のピークはもう一週間ほど後と思われます。
それでも、関東平野を見渡す眺望は素晴らしい。

f:id:n344sj:20201115235811j:plain
謙信平からの眺め

少し歩いて、太平山神社にお参り。
f:id:n344sj:20201116000247j:plain
更に登ると奥宮、また更に登ると頂上に富士浅間神社がありましたが、
どちらも社自体は、見るべきものでもありませんでした。

因みに、山の名前は”太”平山なのに、町や図書館の名前は”大”平。
Wikipediaには、太の字の画数が四なのを嫌った、と書かれていましたが、本当でしょうか。

栃木市大平図書館

新座市立中央公民館図書室(埼玉県)

栗原公民館を出て、後は帰るだけ、と思っていたら。。
バイクを1kmも走らせない内に、元々行こうと思っていた中央公民館が目に入りました。
こんな近くに、しかも同じ道路沿いにあったとは。
もう寄らないつもりだったのですが、目の前まで来てしまった以上、寄ることにしました。

f:id:n344sj:20201108104807j:plain
中央公民館

中央公民館というくらいなので、公民館図書室の中では大きい部類なのかと思っていたのですが、
本は先ほどの栗原公民館より一段と少ないです。

ここの業務日は火、木曜とのことで、土曜日のこの日は図書室の電灯は消えていました。
廊下からの薄明かりを頼りに本棚を眺めていたら、通りすがりの職員の方が「点けますか?」と言って電気を点けて下さいました。

内訳は、児童書、文芸書、その他一般書が2:1:1といったところ。
一般書と言っても、料理などの本が多く、それ以外の本となるとかなり少なめです。
夏目漱石松本清張の全集はしっかり置かれていましたが、
新聞、雑誌もありません。
子供と母親をターゲットにしているようです。

新座市の公民館図書室には珍しく、室内に閲覧席が設けられていました。
しかしカウンターが見当たらないので、貸出業務日にはここがカウンターに早変わりするのかも知れません。

蔵書数は約1万冊。新座市の図書室の中でも最少です。
図書室は小さいものの、公民館としては大きく、
体育室、講義室、美術室などがあるようで、夜遅くまで開いています。

f:id:n344sj:20201108104849j:plain
沿道の様子

横はカーディーラー
半径2㎞以内には鉄道駅も無い場所ですが、沿道には和食店、ラーメン店等が並び、栗原より一段と賑やかになっています。
向かいは消防署。
その奥には無料の歴史民俗資料館がありますが、日も暮れた午後6時では、予想通り閉まっていました。

中央公民館図書室 - 新座市立図書館

新座市立栗原公民館図書室(埼玉県)

保谷を後に、埼玉の自宅へ帰ります。
往路で近くを通った、新座市の中央公民館図書室に寄って行こうかと思ったのですが、
保谷駅前で道を間違え、どこにいるか分からなくなってしまいました。

勘を頼りに適当にバイクを走らせていくと、「埼玉県」「新座市」の標識が出現。
町の名は栗原。
ここにも公民館があったかな、ということで、急遽目的地を変更。
やがて「栗原公民館前」の交差点を見つけたのですが、公民館がどこにあるか分からず、行き過ぎてしまいました。
一旦停車してスマホで確かめ、戻ります。道路の反対側、交番の裏にありました。
f:id:n344sj:20201108104340j:plain
新座市にはこの手の公民館図書室が多くあり、
西堀・新堀の図書室には行ったことがあります。
カレンダーによると、どこも週に2日ほどしか貸出業務をしていない、ということで、
それ以外の時間はどうなっているのか、は未確認のままでした。

ちなみにここは水、土曜が業務日。
着いたのは5時数分過ぎ。
ちょうど職員の方がカウンターの撤収作業をしているところでした。
貸出は5時までとのことですが、それ以降も館内閲覧は可能のようです。

なんと営業時間が短いのかと思っていましたが、
閲覧だけなら逆に類を見ないほど長い、と言えそうです。

図書「室」なので、本は充実しているとは言えません。
児童書、文芸書、その他が1/3ずつといったところ。
最上段に古びた文学全集が並んでいるのは、西堀・新堀と同じです。

文庫本の棚は無く、単行本と同じ並びに少々置かれているだけです。
私が良くチェックする、コンピュータ、語学、旅行といった分野もいずれも寂しめ。
漫画、視聴覚資料は無さそうです。

しかし公式サイトによると、蔵書数は2万7千冊とのこと。意外に健闘しています。

向かいはスーパー。道路沿いには、サイゼリヤ、ドラッグストア等が並んでおり、比較的賑やかな所です。
少し先には、何度か来たことのあるブックオフが。
そこからこんな近くに図書室があったとは知りませんでした。

栗原公民館図書室 - 新座市立図書館

西東京市保谷駅前図書館(東京都)

練馬区南大泉図書館から歩いて10分足らずで、西武池袋線保谷駅があります。
駅前の道は狭く、人と車でごった返しています。
そんな中に建つ、西友の上階に図書館があります。
f:id:n344sj:20201108010024j:plain

駅に直結した西友の上階に図書館、と言うと、
ここから3駅先の清瀬と全く同じ。

店内のエスカレータで三階まで上がると、エスカレータはここまでで、
四階に行くにはエレベータに乗り換えるか、非常階段を通るしかないようです。

エレベータがなかなか来ないので、しびれを切らして階段で駆け上がると、ありました。
入口の雰囲気も、清瀬駅前にそっくり。
f:id:n344sj:20201108010236j:plain

館内は広いとは言えず、詰め込むように背の高い本棚が並んでいます。
中央部の棚は斜めに立てられています。

カウンター横には、予約棚コーナーという小部屋がありました。
予約した本がセルフ式で借りられるようです。

その横は、参考資料のエリア。
その一角にはビジネス情報コーナーがあり、
実務的なビジネス書や、ビジネス誌が集められていました。

廊下側には2千枚ほどのCD棚。
その先は新聞・雑誌コーナー。
コロナ対策で、最近はどこも椅子を間引いていますが、
ここは、座って欲しくない椅子には大きな段ボール箱がどんと置かれています。

狭い館内ながら、学習室、絵本の並ぶ絨毯敷きのおはなしコーナーもありました。

2年前の資料によると、蔵書数は一般書が約6万冊、児童書が約8万3千冊とのこと。
かなり児童書寄りです。
開館は平成20年なので、まだまだ新しいです。

ビル四階なので、街が一望できるかと思いましたが、
あいにく窓の外に見えるのはエアコン室外機、換気口などで、眺めは良くありません。
しかし階下はスーパー、駅ビル内には飲食店も多く、賑わいには事欠かない便利な立地です。

f:id:n344sj:20201108012406j:plain
駅前の様子

保谷駅前図書館 - 西東京市図書館