図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

越谷市市民活動支援センター中央図書室(埼玉県)

越谷の巨大ショッピングモールに行くため、車で出かけました。
その前に越谷市立図書館に寄るべくルートを外れますが、更にその前に、大きそうな神社を発見。
その名も久伊豆神社。クイズ神社?気になって思わず立ち寄りましたが、読み方は「ひさいず」でした。

長い参道の先には、思いの外立派な社殿。創建年不詳ながら、平安期には既にあったという、歴史ある神社でした。

日本庭園のような池の端には、藤棚も。藤の花の咲く頃にまた来てみたくなりました。

参道の脇にある天嶽寺も、地味ながら実は室町期の開山という古刹。

図書館は、神社からほど近くの住宅街の中。
駐車場に車を停め、いざ入らん、とすると、、

越谷市立図書館

本日休館!
この日は金曜日。
金曜休みの図書館は滅多に無いので、油断していました。ここも毎週というわけではなく、最終金曜日だけ休みのようです。

仕方なく、目的地のイオンレイクタウンへ。
いつ来てもその大きさに圧倒されます。が、更に拡張されそうな雰囲気も。

日が暮れてから、レイクタウンを後にしました。
越谷市には本館の他、3つの図書室があり、夜9時半まで開いている模様。
昼のリベンジで、その中の中央図書室に寄ってみます。
東武伊勢崎線越谷駅のすぐ近く、ツインシティなるビルの中。

ツインシティB棟

40万都市の中心駅のような名前の越谷駅ですが、他にも大きな駅が幾つかあり都市機能が分散しているためか、そこまでの賑わいはありません。

30分まで無料という駅東口駐車場に車を停め、図書室のある四階へ。

入口

カウンターと、その向かいに「こどもの本のへや」があります。
その先は左右に分かれる、T字型。
T字の要の部分に新聞、雑誌コーナー。雑誌は百誌ほどはあります。

まずは左手の方に進みます。
小さな所を想像していましたが、蔵書はなかなか充実しています。
視聴覚資料が千枚ほど。
CDはほとんどクラシック。民謡、落語などもありますがポピュラー系はほとんど無し。
DVDは映画、アニメなどがありました。

コンピュータの本もそこそこの品揃え。
奥には洋書もありました。

右手は文芸書など。
文庫本はかなりの数で、300冊×20棚の6千冊はあるでしょうか。

郷土資料もありました。
行政資料が大半ですが、「川のあるまち 越谷文化」なるローカル文芸誌も。
他にも、野口冨士男なる作家の本が多数。越谷に長く住んだようで、「越谷小説集」、八木義徳との往復書簡集などがありました。

蔵書数は約8.4万冊。
図書"館"ではなく、"室"を名乗る施設としては、かなり大きな部類に入るでしょう。専用施設ではなくビルの一室だからでしょうか。
開館は2012年と、まだ新しいです。

越谷駅

駅前は、クリスマスのようなイルミネーションに彩られていました。

中央図書室 | 越谷市立図書館 公式ホームページ

岐阜市立図書館分館(岐阜県)

主に普通電車を乗り継ぎつつ、西日本各地の図書館を回って来た今回の旅。
加古川の図書館を最後にするつもりでしたが、時刻表を眺めていると、大垣か豊橋で20分ほどの乗換待ち時間が生じることが判明。
この時間でどこか寄れないかと調べると、、
岐阜、一宮、豊橋の駅の近くに図書館があることが分かりました。
豊橋はやや駅から離れていて、一宮は大きそうで見切れないと判断、持ち時間僅か16分ですが、岐阜駅の図書館に寄ることにしました。
乗り遅れたら、この日の内に帰宅するのは不可能。かなり危険な賭け。
電車を降りる瞬間まで迷いましたが、思い切って下車。
改札を出ると、商業施設のASTY、

岐阜駅前

そのまた隣が教育施設、ハートフルスクエアーG。
図書館はここの一階です。

ガード下に入口がありました。

図書館に入るといきなり、鉄道コーナーと旅行誌。
私の興味を引くジャンルですが、時間も無いので先へ。細長い館内を左に進みます。

コンピュータの本は、プログラミング、スマートフォン、ウィンドウズなどに仕切られていて量、質ともなかなか。
その向かいには漫画が少々。
視聴覚資料はDVDがありました。

郷土資料は、岐阜に関する本が分野別に。古い本が目立ちます。
雑誌は百誌ほど。

もう1つの出口を出ると、廊下を挟んで、ファッションライブラリーなる部屋があります。

繊維の街、アパレルの街として栄えてきた岐阜市
バルーンで飾られた室内には、国内、海外のファッション雑誌が多数。
手芸、染色、広告、きものなど、ファッション関連の本も大量にありました。

交通至便なこの図書館、開館は2002年、蔵書数は約9.4万冊とのことです。

気づけば、電車の時間まであと数分。
一階を西に進むと、駅への上り口が見つからず、通り過ぎてしまいました。
慌てて戻ると、駅への上り階段を発見。最後は駆け足で電車に滑り込み、ギリギリセーフ。
図書館の公式サイトでは、駅から2分と案内されています。この手の案内は、余裕を持って長めに書かれているものと思っていましたが、、2分はややきついかも。3分見ておいた方が良さそうです。
何とか間に合ったとは言え、これからはこんな危険な橋は渡るまい、と密かに誓いました。

その後豊橋、浜松、熱海と乗り継ぎ、深夜に東京に戻ると、、自宅に帰る東武東上線は事故で運転見合わせ。通常の終電の時間にようやく運転再開。結果的には、岐阜で一本乗り過ごしても何とか帰れたみたいです。

分館 | 岐阜市立中央図書館

加古川市立加古川図書館(兵庫県)

愛媛から埼玉へ、普通電車で一日で帰るというタイトな日ですが、関西の新快速運転エリアで小一時間の余裕があります。
駅の傍に図書館がある、加古川で降りることにしました。

駅の南口を出ると目の前、ヤマトヤシキなるデパートの六階にあります。

エレベータで六階に上がると、大きな紀伊國屋書店と図書館がありました。

図書館入口

入ってすぐ、柱周りに雑誌が並べられています。70誌ほどあります。

床は、板張りと絨毯敷が半々くらい。陣取りゲームをしているかのように複雑に陣地を分け合っています。大まかには、児童書、雑誌コーナーが板敷き。

中央には読書席。鉢に木が2本植わっています。
よく見ると、、やはり偽物でした。

小説コーナーは、近代小説と名乗っています。夏目漱石も置いているので、古典以外はこちらのよう。
文庫は、一部が単行本と一緒になっています。

奥に郷土資料がありました。
播磨、姫路、兵庫と、広範囲の本が置かれています。阪神淡路大震災についての本もありました。

コンピュータの本は、あまり高度なものは無し。
学習・ワークスペースは独立した部屋になっていました。

当地には、2021年に移転したばかりのようです。
蔵書数は約15万冊。一等地にありますが、市の中央図書館はこことは別に存在するようです。

JR加古川駅

短い時間で、図書館訪問と昼食を済ませ、再び車中の人となりました。

施設案内 | 加古川市の図書館

坂出市立大橋記念図書館(香川県)

伊予西条駅を早朝に出発。埼玉まで普通電車で帰るという、過酷な一日が始まりました。
途中、伊予三島駅で長時間停車するので途中下車。
ここにもアーケード街がありました。

香川県に入り、瀬戸大橋線との乗換駅、坂出駅でも途中下車。
時刻は朝9時。ここでは少々時間があります。
香川県と言えぱ、何と言っても讃岐うどん。うどん店は朝早くから営業しているイメージでしたが、坂出駅周辺は10時か11時開店の店ばかり。
朝9時から開いているという、うどん屋より勤勉な図書館に先に行くことにしました。
線路沿いを西に進むと、車窓からも見えていた日本庭園が。

香風園

明治末期に造られた私邸のようですが、今は無料開放されています。
更に歩くと、図書館が現れました。webでは新しく見えたのですが、結構年季が入っています。

入ってすぐ右に、新聞室がありました。大学図書館にはありましたが、最近あまり見かけないような。

館内には、大橋某翁の胸像が。
崩れた字体で、下の名前は読めませんでした。

来館者用防災ヘルメットが備えられています。
香川は災害の少ない、平穏なイメージですが。

右奥に岩波文庫コーナー。

芥川賞直木賞、乱歩賞の受賞作品
僅かな洋書もここにあります。
文庫本は単行本と一緒になっています。

60ほどの雑誌は、升目のような棚に平置き。郵便局の仕分け棚のよう。

左奥の児童室はかなり広く、絨毯敷のスペースが3つもあります。
学習室もありました。

二階は学習室、閲覧室。
奥に、東京五輪の部屋がありました。
1964 昭和の生活の再現、として、子供雑誌やミシン、テレビなどが置かれています。
なぜか通行止めの通せんぼがされていて、近づけませんでした。

二階には古い新聞や教科書も置いています。
ロビーにはコインロッカーが多数ありますが、どう考えても多すぎ。

郷土資料は、入口傍のカウンター横にありました。
香川の本が分野別に分かれており、瀬戸大橋、うどん、塩などの本もあります。
イサム・ノグチの本も何冊か。香川県にアトリエを構えていた時期もあるそうで、その縁でしょうか。

カウンター前には、3人の司書の本棚なるコーナーも。女性好みの小説が多めです。
選考会を待つ、芥川賞直木賞候補作も置かれていました。

蔵書数は約19万冊。
公式サイトに拠ると、子どもたちに限りない愛情を寄せられた「大橋」ご夫妻より寄贈された浄財をもとに建設したもの、とのこと。やはり大橋氏の名前は分からず。
瀬戸大橋のお膝元の坂出市ですが、瀬戸「大橋」とは関係ありません。
開館は1979年とのことで、瀬戸大橋より先輩です。

テラスを挟んで、市立美術館と繋がっています。寄る気は無かったのですが、無料みたいなので寄ってみました。

中では切絵展をしていました。

駅に戻る道には、やはりアーケードが。この旅では、寄る町寄る町にあります。

帰りにうどんを食べようと思っていましたが、調べると、開いている店は近くても徒歩15分ほど。
この日の内に帰るためには、次の電車の時間は厳守。間に合いそうにありません。

JR坂出駅

泣く泣く諦め、代わりに駅前のイオンでお土産として購入。

施設の紹介 - 坂出市ホームページ

西条市立西条図書館(愛媛県)

夜8時近く、松山から電車で、伊予西条に到着しました。

JR伊予西条

駅近くのホテルにチェックインしてから、再び出かけます。
というのも、この街には夜8時半まで開いている図書館があるから。
駅から徒歩5分ほどの近さでした。

正面玄関は、なかなか威厳があります。

正面玄関

入館したのは8時過ぎ。
ポツリポツリと人が入っては来ますが、館内が広いので、かなり閑散としています。

入ると、左がカウンター、右が本棚。
棚は途中から斜めに配置され、逆ハの字型、と思ったらその奥は縦置き。
児童書が奥にあるというやや珍しい配置です。
ほぼ英語ですが、洋書も豊富。

奥の壁は文庫、新書で埋められています。
原文庫なるコーナーもありましたが、由来は不明。

階段で二階に上ります。
一部吹き抜けになっているので、二階は半分ほど。

隅には、雑誌のバックナンバーが置かれたコーナーがありました。
その後ろは、鉄道コーナー。少々古い本が多いですが、膨大な量。
鉄道雑誌のバックナンバーもあり「車両技術」「鉄道車両と技術」「とれいん」など、マイナーな雑誌も含め実に20誌ほど。
鉄道の本が充実している所というと、直江津の図書館がありましたが、そこに匹敵する充実度。

CD、DVD、VHSもありました。ポピュラー音楽や映画はほとんどありません。

それにしても、予想外に広い。閉館まで時間も無くなってきて、全ては見切れないかも。。急いで回ります。

十河信二蔵書なる棚もありました。
十河はここ西条出身で西条市長、国鉄総裁を務めた人物。
鉄道に限らず、様々な本があります。古い本が多く、戦前の物も。
鉄道の本が充実しているのは、この縁だったようです。

壁伝いの郷土資料も膨大。
コンピュータの本も数は多いですが、マニュアル本が多め。

閉館間際になると、すれ違う職員さんが揃って「何かお探しですか?」攻撃。接客マニュアルになっているのでしょうか。急かされるように退館しました。

蔵書数は約40万冊とのこと。地方の小都市の市立図書館としては相当多い部類でしょう。
開館は2009年と、まだまだ新しいです。
遅くまで開いているのも便利。ですが、同様に遅く夜9時まで開いていた山中湖の図書館も、閉館2時間前にはほぼ無人だったことを思い出すと、やはり地方の図書館に夜間の需要は無いのかも、と思わざるを得ません。

裏側も三角屋根

西条は、石鎚山からの地下水が随所に噴出する、名水の町。
図書館の裏にも湧水なのか、川がありました。

愛媛の町には必ずと言って良いほどある、アーケード商店街。ここにもありました。

歩いて行くと、どこまでも続きます。1km近くはあろうかという長さ。しかも真っ直ぐでは無く、微妙に蛇行しています。

夜なのでお店はほぼ閉まっていますが、この長さは驚異。またいつか、日中に訪れたい所でした。

アーケードが終わり、立派な市役所の近くに、大きな「うちぬき」の石碑が。湧水池です。

前夜の中津に続く、なかなか楽しいナイトツアーでした。

西条図書館案内 || 西条市立図書館

坂の上の雲ミュージアムライブラリー(愛媛県 松山市)

次に目指すは、坂の上の雲ミュージアム
松山の繁華街、大街道からほど近くです。
ミュージアムの少し先に、重要文化財の西洋館、萬翠荘があるので、先にそちらを見学。

大正期に旧松山藩主の子孫が建てた別荘とか。
一時はレストランだったという、その歴史がしっかり紹介されていました。

続いて、坂の上の雲ミュージアムへ。
松山に生まれた正岡子規秋山好古、真之兄弟らを主人公にした(と言いつつ途中からほとんど出てこなくなった記憶がありますが)司馬遼太郎の小説をモチーフにした博物館。

何とも奇抜なデザインです。安藤忠雄氏の設計とか。

受付の奥に、カフェ兼ライブラリーがあります。
当建築の紹介ビデオが流され、安藤忠雄の作品の写真パネルが展示されています。大阪の司馬遼太郎記念館も氏のデザインとか。
展示物より、建物自体が主役かのよう。

安藤氏の自著や作品の写真集、
松山ゆかり漱石全集、子規全集、
子規を扱った伊集院静の小説「ノボさん」、
坂の上の雲の登場人物、乃木希典児玉源太郎秋山好古、真之に関する本、
司馬遼太郎の単行本、文庫本などが並んでいました。
図書館と言えるかは微妙ですが、一応ライブラリーを名乗っているのでここに紹介させてもらいました。

ちなみに、払った後で知りましたが、ここは入場料を払わなくても入れるエリアだったようです。
明治時代の風俗や日露戦争に関する展示がありましたが、やはり建築物自体を一番の売りにしているよう。建物の撮影は自由です。

その後は、いよいよ街のシンボル、松山城へ。
ロープウェイかリフトで登ることが出来ます。もちろん徒歩でも登れますが。
既に天守閣の営業は終わっていると言われてしまいましたが、せっかくここまで来たので、上までは上ってみることに。
料金も乗降場所も同じですが、面白そうなので、リフトを選択。

リフトは定刻を待たずに常時乗れるのがメリットですが、遅い。。後発のロープウェイに途中で軽々と抜かれました。
降りた後も少し歩きますが、ほどなく天守閣の下に。

全方位のパノラマが拝めます。
今まで数知れない城を訪ねてきましたが、ここの満足度は最高クラス。天守閣に入るためにも、またいつか来なくては。

帰りは歩いて、二之丸史跡庭園の方に下りました。庭園もちょうど閉園時間になり、見学できず。
県立図書館の近くを通って、南堀端に出ました。

路面電車の一日券を買っているので、全線制覇を目指します。
しかし、、乗り残していた本町支線は、極端に本数が少ないことが判明。
迷いましたが、夕方の便を待って、何とか完乗。
大手町駅にある、郊外線と市内線の線路が平面交差するという、ダイヤモンドクロスも見ることが出来ました。

もう日本では伊予鉄道にしか残っていないとか。

松山の街を一日堪能。
JR松山駅に戻り、この日の宿泊地、伊予西条へ向かいます。

坂の上の雲ミュージアム ライブラリー・ラウンジ

愛媛県立図書館(愛媛県 松山市)

道後温泉から乗った路面電車を、南堀端で下車。
その名の通り、松山城の堀の端です。

松山城の堀

堀を渡り、城内に入っていくと、県立美術館。
県立図書館への案内図も出ていました。
美術館の本館と新館の間の細道を抜けた先、という分かりにくい場所です。

県立図書館への道

案内図どおりに進むと、ありました。隣りのビルに挟まれて写真も攝りにくい。。
こんなに地味な佇まい、雑な扱いの県立図書館は初めて。。

事務室の前には、愛媛県立図書館の歴史が小さな写真で紹介されていました。
設立は1903年、現在の場所になったのは1975年。
この建物、最初は教育文化会館として完成したようです。
玄関には今もその銘が残っていますが、実際には図書館のみ。

一階は子ども読書室でした。そんなに大きくはありません。

エレベータで四階へ。
この階は、えひめ資料室。
郷土雑誌が大量に置かれています。
愛媛県報」の前身、「愛媛県布達全要」は明治初期の物から揃っています。
四国遍路の本もたくさん。

奥には愛媛の俳句、俳人のコーナーがありました。
さすが、子規を生んだ町。河東碧梧桐高浜虚子種田山頭火など、著名な俳人の本がどっさり。山頭火は流浪の人ですが、最晩年を松山で過ごしたようです。
正岡子規の本も、子規全集22巻含め、数百冊あります。
個人句集も大量にありました。作者は有名なのか無名なのか分かりませんが。

ロビーでは「宮本常一、愛媛を歩く」なる写真展をやっていました。
民俗学者の宮本氏が愛媛各地を訪れた写真が展示されています。

三階は一般書。
地味なグリーンのスチール棚です。
医療健康情報コーナーはかなり充実。病名で細かく分類されています。

コンピュータの本は、さすが県立。専門的な本も置いています。
文庫は岩波のみでした。
旅行ガイドは、海外は「地球の歩き方」の新しい刊が揃っているのですが、国内は「○○県の歴史散歩」くらい。

二階は学習室、自習コーナーとパンフレット置き場のみ。
求人、観光、催し物などのパンフレットが置かれていました。

ロケーションも内装も少々地味な図書館ですが、蔵書数は約73万冊。
さすが県立図書館と言うべき、立派な数字です。

伊予電の松山市駅へは、路面電車で一駅。

正面奥が松山市駅

デパートの駅ビルもあり、JR松山駅よりは遥かに立派です。

街の中心は明らかにこちら。東急ハンズはハンズに去年変わったはずですが、まだ看板は変わっていません。

線路を渡ると、子規堂があります。復元された正岡子規の旧居だそうです。

踏切の向こうに、松山城を遠望。絵になる光景です。

坊っちゃん列車ミュージアムは、何とスターバックスの店内奥にあります。
何も買わずに入るのは少々気が引けますが、多分問題ないでしょう。

この旅で、西日本の地方都市の寂れたアーケードを幾つも見てきましたが、愛媛一の繁華街、大街道のアーケードは、さすがに賑わっていました。

愛媛県立図書館