図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

いわき市立いわき総合図書館(福島県)

続いて訪れたのは、白水阿弥陀堂
昨年、台風による浸水がニュースになっていましたが、復活したようです。
しかし、冬季は閉門が15時半。ほとんど残り時間が無かったので、拝観は断念。外から観るだけに留めました。

代わりに、お隣の白水常盤神社に参拝。

続いて、町の中心部を通り過ぎ、山沿いの回廊美術館へ。
しかし、駐車場に着きましたが、周りには丘陵が広がるのみ。どこに向かって良いか分かりません。
少し上ってみると、吊り橋がありました。

更に上に行くと、丘の頂上には芸術作品がありました。

しかし、この野っ原が美術館?と思っていたら、美術館への案内標識を発見。
延々と山を下ってから、川沿いに進んでいくと、ありました。
1kmは余計に山歩きをしてしまいましたが、自然の中で雄大な眺望を楽しめ、決して無駄ではなかった、、と思いたい。

入場料は取っていませんが、寸志を入れる箱がありました。

個人と協力者で運営しているようで、ツリーハウスがあったりと、遊び心に溢れています。
屋外の回廊に展示されているのは、地元の写真と子供の絵。
一番奥にあったのは、映えスポットとして有名らしい、天空のブランコ。

旅の最後は、前夜に泊まった宿の常連さんに勧められた、東北一と言う図書館へ。
いわき市の中心、JRいわき駅

いわき駅

図書館はその目の前、Latovなる商業施設の中にあります。

Latov

商工会議所なども入っており、公共施設利用者は駐車場は2時間まで無料。

四階、五階が図書館になっています。

四階ロビー

入口を入ると、正面は雑誌コーナー。200誌超はあります。
その手前には、ひっそりと追悼コーナーがありました。
伊集院静篠山紀信山田太一など、最近亡くなった方々の著書が並んでいます。

左手は児童書、右手が一般書になっています。
聞いていたとおり、広大なスペースに膨大な蔵書。
漫画も棚一列分、たっぷり置いていました。

四階からの眺め

五階に上がります。
CD、DVDがありました。
DVDは、特にテレビドラマが充実。
いわき資料もあり、「佐藤孝徳氏収集民俗資料」は実に127巻も。
小林研一郎ディスク・ライブラリー」なるコーナーもありました。
世界的指揮者、小林氏の後援会の寄贈によるものとか。基本は館内視聴のみ。

ITの本も、視聴覚資料と同じ並びにありました。
量、質とも悪くありません。

四倉では寂しかった、旅行ガイドブックも豊富。「地球の歩き方」はほぼ全巻揃っています。
文庫、新書もたっぷり置いています。

国際資料として、膨大な洋書も置かれています。
英語は分野別に分かれており、他にベトナム語、ロシア語などの本も充実。
いわきでは、と言うか、いわきでもと言うか、最近ベトナム人が増えているそうで、ベトナム大使館から寄贈された本も多いようです。

米倉文庫なるコーナーもありました。
法学者米倉明氏の寄贈で、洋書含め法律関係の本が大量にあります。

ビジネス資料コーナーには、ビジネス系雑誌もありました。
他にも地域誌、海外誌、科学、コンピュータ系の雑誌はこのフロアにありました。

フロアの左半分は、広大ないわき資料コーナー。
ここだけで並の図書館一つ分はあります。
いわき市復興ライブラリーには、震災、原発の本が大量にあります。

いわき文化の擁護者、諸橋元三郎の三猿文庫、歌人天田愚庵の愚庵文庫などのコーナーも。
いわき出身者の本も大量にありますが、有名どころは何と言っても詩人、草野心平
正直、他に知っている人はいませんでした。

なぜか、茨城県の筑波書林「ふるさと文庫」も揃っていました。
お隣だからでしょうか。

企画展示コーナーでは、写真展「いわき駅前今昔」 も行われていました。平駅を名乗っていた頃からの写真が多数。

書庫は自動の機械式のようで、わざわざ見学用の窓が用意されていました。

2007年開館のこの図書館、蔵書数は移動図書館含め約61万冊。視聴覚資料は1.4万点。
その数は少なくとも青森市民図書館には劣るようなので、東北一というのは少々眉唾かもしれませんが、東北屈指の存在であることは間違いありません。
人口は仙台市に次いで東北2位という、いわきの市民が誇りに思うのも頷ける、堂々たる図書館でした。

平日と土曜は夜9時まで開館しているようですが、日祝は6時で閉館。
駐車料金発生までまだ時間があったので、駅ビル内の喫茶店で少し寛いでから、一路埼玉の自宅へ。何とか日付の変わらない内に帰れました。

いわき市図書館 いわき総合図書館

いわき震災伝承みらい館(福島県)

四倉から、海岸に沿って南下。塩屋埼灯台を目指します。
沿道は、津波の影響なのか荒れ地が目立ちます。被災して放置されていると思われる廃墟も見られました。
灯台の少し手前にある、いわき伝承みらい館に立ち寄ります。

海岸のすぐ近くですが、海との間は自然の防波堤のように盛り上がっています。

目の前の海

中に入ってみると、多くの見学客で賑わっていました。
中央にある、旧豊間中学校の黒板が心を打ちます。
2011年3月11日、午前中に卒業式があり、卒業生の寄せ書きがされています。
数時間後の悲劇、母校が解体されてしまうことなど夢にも思っていなかったことでしょう。

その手前にある奇跡のピアノは、津波で泥まみれになったのを何とか修復したものとか。

当時の新聞も展示されていました。あれからはや13年。記憶が蘇ります。

未だに持ち主の現れない、携帯電話などの拾得物も展示されていました。

二階展望デッキへの階段の横に、震災や原発に関する本の並ぶ棚がありました。

現役官僚が書いたという告発小説「原発ホワイトアウト」、鼻血描写が物議を醸した「美味しんぼ 福島の真実篇」など、読んだことのある本が何冊か。

二階から

学習室の片隅にも、本棚がありました。
こちらは防災、ボランティアなどに分類されています。

2020年に開館したというこの施設。
置かれていた本は500冊程度で、ここを図書館と見なすのは無理がありますが、資料館としての役割も担っており、情報拡散を願っている節もあったので、記事にさせてもらいました。

塩屋埼灯台は、ここから500mほど南。崖下の駐車場からは、まあまあ歩く必要がありますが。

海に囲まれたこの日本に、灯台は数知れずありますが、中を見学できる灯台は十数基しか無いようで、ここはその中の一つ。折角なので入ってみます。

螺旋階段をぐるぐると登り、目が回りそうになりますが、上からは360°の大パノラマが。

北側
南側

その後は、伝承みらい館に割引クーポンが置いてあったので、行くつもりのなかったいわき・ら・らミュウへ。
とにかく市域の広い、いわき市。近くだと思っていたら10km以上もありました。
レストランや土産屋、魚屋の入るショッピングモール。三連休だけに、観光客で大混雑。
二階では、いわきの東日本大震災展をやっていました。あいにく一階と違い、人もまばらでした。

いわき震災伝承みらい館

いわき市立四倉図書館(福島県)

いわきの郊外にある、江戸時代からの古民家に宿泊。
囲炉裏を囲んで、アイデアマンのオーナー、酒好きの常連さんと夜遅くまで語らう、なかなかディープな宿でした。

二日目は具体的な予定はあまり無かったのですが、前夜に常連さんからいわきの名所を色々と教えてもらったので、回ってみることに。
まずは手始めに、道の駅よつくら港へ。
朝から随分と賑わっていました。

オープン間もなくあの大震災に遭い、被災したという不幸な歴史を背負っており、復興のシンボル的存在にもなっているようです。
目の前には、南国のような海が広がっていました。

ここ四倉の町にも図書館があるようなので、行ってみます。

玄関でスリッパに履き替えて入館。

手前側が木製の棚の並ぶ児童書、奥の一般書はクリーム色のスチール棚。
前日に行った勿来図書館と、よく似た雰囲気です。
こちらの方がちょっと新しい感じがします。
本の数はちょっと少なめでしょうか。
コンピュータの本は、数十冊と寂しめ。
旅行ガイドも、「地球の歩き方」は2冊のみ。

凧が飾られた郷土資料コーナーは、いわきの本、資料が分野別に置かれています。
古びた本ばかりですが、そこそこ充実しています。

おすすめコーナーには、なぜか表紙がピンク色の本ばかり並べてありました。
と思ったら、別の所に「桃色の本」なる特集コーナーも。

今の施設は1983年の開館で、蔵書数は約3.1万冊。
すぐ隣には中学校があり、生徒の作った周辺の観光地図も展示されていました。

いわき市図書館 四倉図書館

いわき市立勿来図書館(福島県)

東海村を出てからは、いわきに向かって国道を激走。
日が沈む頃にようやく福島県に入りました。
勿来の関があった、いわき市勿来。
ここには、2021年に来たのに、工事中で入れなかった図書館があります。
3年越しのリベンジでやって来ると、あの時と変わらぬ姿を見せていました。

ほぼ日は暮れてしまいましたが、土曜日は平日と同じ夜7時まで開館しているということで、充分間に合いました。
大きな建物ですが、基本は公民館で、図書館は三階だけ。
階段で上がります。

カウンターがあり、職員さんが一人。他にお客さんはいませんでした。
入口側は児童書で、木製の棚。
奥が膨らんだ、おたまじゃくし型です。

一般書は、薄茶色のスチール棚。昔ながらの図書館、といった風情です。

郷土資料コーナーには、かなり古びた資料が置かれています。
ローカルな文化、文芸誌、「うえいぶ」「いわきの川柳」「6号線」などが揃っていました。

勿来地区の紹介コーナーには、近くの小学校の資料に加え、星新一の本が何冊かあります。
市の本館には、サイン本もあるそうです。
何の縁かと思ったら、製薬会社社長でもある氏の父親が、いわき出身とのこと。

コンピュータの本は、100冊に満たない程度。
旅行ガイドブックも少なく、特に海外向けはかなり物足りません。
東海村では充実していた原子力の本は、ここでは普通の図書館程度。
雑誌は40誌ほど。

勿来図書館を名乗っていますが、勿来駅からは遠く、隣の植田駅の近く。
鮫川の堤防がすぐ横にあります。

鮫川の河原

移動図書館も持っているようですが、館内の蔵書数は約4.5万冊と少々寂しめ。
しかし現在の施設は1978年の開設とのことで、なかなかの歴史があります。

堤防から

いわき市図書館 勿来図書館

東海村立図書館(茨城県)

福島県で「来て。割」なる宿泊割引キャンペーンをやっていると知り、一泊旅行に出かけることにしました。
宿を予約したのは、浜通りのいわき。
三連休初日、ただでさえ混んでいるのに、外環道は事故渋滞。
渋滞嫌さに一般道で行くと、当然の如くこちらも混んでいて、常磐道に乗るまで結局3時間。想定より大幅に遅くなりました。
那珂ICで高速を降り、東海村に寄り道。
どこか沿道で昼食を摂ろうと思っていたのですが、気が付いたら目的地の図書館近くまで来てしまいました。
やむなく、目に入ったイオンへ。
JRの駅前でした。思いの外立派な駅舎。

JR東海

JR東海、と言っても勿論ここはJR東日本ですが。

イオン一階のフードコートに行ってみると、、片隅にamis文庫なるものを発見。

本棚の一升を借りたオーナーが、思い思いの本を陳列しています。
昨年愛知県の刈谷でも見かけたように、最近流行りつつあるようです。
見ると、20人ほどのオーナーがいるようで、名刺が掲げられていますが、役場や原子力関係の会社の人ばかり。

どうやらグランドオープンは4月で、今はまだプレオープン中のよう。
オーナーになるには、グランドオープン後は月2000円とのことで、少々高い気もしましたが。

図書館は、イオンの500mほど南西。なかなか立派です。

入口の脇に、ここを訪れた作家のサインが何枚も飾られていました。
誰なのか分からないものもありましたが、判読できたのは額賀澪、鈴木光司といった面々。

歩を進めて館内に入ったと思ったら、その先にまだ入口があり、ここはまだ広大なロビーでした。
大きな壁画もあります。新聞はこのロビーにありました。
左手には学習室が、と思ったら、一応カフェのよう。

やや気の早い雛人形に迎えられ、館内へ。
入口にあるカウンターは、ロビーにも面していて、返却は中まで入らなくても出来るようになっています。

カウンターの前に伸びる大きな通路の両側に、洋書が置かれています。
特に絵本、児童書が豊富。

更に進んでいくと、、これは広い!
雑誌コーナー、児童書を抜けると、文学のエリア。
文芸書だけで、棚が30mくらいは並んでいます。
文庫本は単行本と一緒に置かれていました。

ウクライナってどんなとこ?なる特集コーナーもありました。

続いて、原子力のコーナーがありました。
原子力関係の施設を多数抱える東海村だけに、当然の存在とは言えますが、軽く千冊はありそうな充実ぶり。
東海村のコーナーは、また別にあります。
「ほしいも文庫」は、「ほしいも百年百話」を執筆した先﨑千尋先生の寄贈とのことで、芋に関する本が多数。
そう言えば、干し芋は茨城の特産でしたが、特に東海村では生産が盛んなよう。

茨城県の資料も、大量にあります。
もはや県立図書館レベルかも。
長谷川文庫は、茨城大教授長谷川伸三氏の寄贈とのこと。

CD、DVDは波型の棚に並んでいます。
CDも、あらゆるジャンルのものが揃っている感じ。
マンガも、棚一面になかなかの量が置かれています。
コンピュータ関係の本も充実しています。やや古い感じもありましたが。

館内は8の字型のようで、ロビーに戻ってきました。
それにしても、広くて充実した図書館でした。
広いだけで閑古鳥が鳴いているわけでは無く、利用者も結構いました。
村の図書館としては、沖縄の恩納村、長野の阿智村辺りも立派でしたが、やはりここが断トツの規模。市立でもそうそう無いレベル。
日本一の村立図書館かもしれません。
しかも村内には他に、コミュニティセンター図書コーナーが6つもある模様。
もっとも、人口3万7千人で、原子力マネーも潤沢と思われる東海村を、村と思ってはいけないのかもしれませんが。
1985年に開館し、2011年に増改築。
蔵書数は約23万冊、視聴覚資料は約9千点。

向かいには、歴史と未来の交流館あるものがあります。

入ってみると、博物館と児童館が混ざったような施設でした。

かつて東海駅から出ていたという、村松軌道の機関車の実物大段ボール模型が。
その向こうには、郷土研究室なる部屋がありました。

郷土関連の本が置かれているようです。
受付での申請が必要とのことで、少々面倒なので入室は遠慮しましたが。
それにしても、なぜ図書館の隣に、明らかに役目の被る施設が?ここにもこの村のリッチぶりが窺えます。
入室の敷居も高いので、使う人はほぼいなさそうでした。

東海村立図書館

小平市立中央図書館花北分室(東京都)

急に用事ができて、多摩地方へ。
例によって図書館に寄りますが、あまり時間が無いので、あえて小さそうな所を選んで行ってみます。
前々日に珍しく雪が積もったので、車に乗るのは多少不安がありましたが、道路上の雪はほぼ消えており、全く問題なし。

やって来たのは小平市
図書館は、狭い路地を進んだ先にありました。道端には雪が大量に残っています。

小さいながら駐車場もありました。
台数も少ないですが、奥行きも狭い。出入りに気を遣います。

花小金井北公民館の二階。図書室の方の名前は、略して花北図書室。

階段を上がり、扉を開けて入ると、3m✕5mほどの小さな部屋。期待以上の小ささでした。
入口の真正面に、職員さんがしっかり一人常駐しています。

壁際に並ぶ古びたスチール棚に、本がびっしり。
本の背中には、オレンジの帯が巻かれています。

半分以上が児童書、に見えましたが、同じ棚でも子供の手の届かない上段の方は一般書が入っていました。
そして、棚板の高さを変え、「大きな本」も文庫本も混在。
限られた空間で頑張っています。
コンピュータの本は数冊のみですが、地域資料は10冊ほどありました。

稼働ラックに、最近のおすすめ本と、近所だから定期的に持ってきているのか、大沼図書館所蔵本が置かれています。
雑誌も10誌ほどながらありました。

旅行ガイドブックはほとんど海外もの、と思ったらカウンターの下に「るるぶ」が並んでいました。

蔵書数は5千冊弱と少なく、半分以上が児童書。
お客さんは他に誰もおらず、職員さんと一対一。とても長居できる空気では無いので、早々に退散しました。
月、金が休館で、開館時間は12時半から16時半、とかなり短め。
されど侮るなかれ、開館は1975年となかなかの歴史があります。

小平市立図書館 花北分室

豊島区立上池袋図書館(東京都)

北区の滝野川から、歩いて池袋へ。
その途中、また図書館に寄ります。
最寄り駅は東武東上線の北池袋ですが、巨大ターミナルの池袋からもギリギリ徒歩圏内。
そうとは思えない落ち着いた住宅地の中に、忽然と現れました。

館内も、都会の図書館にしては落ち着いています。
入るとすぐカウンター、向かいは広々とした新聞雑誌コーナー。
館内はL字型で、奥の長辺は児童書です。
最奥に、おはなしのへやがあります。

CDは三千枚くらいでしょうか。品揃えは少々古め。
実は10年くらい前に1度来たことがあるのですが、恐らく当時とほとんど変わっていないのではないかと。
下手すると、前世紀からほとんど更新されていないかも。
先ほどの北区では10点まででしたが、ここは貸出は3点まで。まあ標準的です。

雑誌の横には、特集展示「2024年 令和6年 辰年の本」が。
タイトルに24、6、辰(龍)の入った本を集めているようです。
「龍の文明史」はともかく、他には「六義園」「ホルモー六景」「7月24日通り」など。
ちょっと強引な企画という気もしました。

でも、ここってこんなに狭かったかな?と思っていたら、二階もありました。
一階には他には、ヤングアダルト、料理、くらし、医療などの本があるのみでした。

階段で上がると、二階の窓にはステンドグラスが入っています。
その脇には、岩波ブックレットの棚が。薄い本がびっしりと並んでいます。
文庫本もなかなか豊富。

特集展示「世界一周鉄道の旅」もあり、鉄道の本が集められていました。

南の窓際は郷土資料。
豊島区、東京に関する本、資料がずらり。
コンピュータの本は高度なものはなく、やや寂しめ。

ピンクとベージュの間のような色の本棚は、鉄骨で耐震補強され、
横には分野名を大きく書いた板が張り出しています。

エレベーター横には、鉄道コーナーもありました。
交通新聞社新書、じっぴコンパクト新書はじめ、鉄道本が3、4百冊。
豊島区の図書館には各館に重点テーマがあり、ここのそれが「鉄道」だそう。
なぜここが鉄道なのかというと、この図書館の用地は旧国鉄から買ったとか。その縁のようです。
棚の上には、「車籍 日本国有鉄道」のプレートも飾られています。
直江津西条の図書館には少々劣りますが、頑張っています。

蔵書数は約9.8万冊、CDは約4千枚。
公式サイトには、来年2月から改修工事のため1年強の長期休館に入ると案内されているのですが、館内にはそのような掲示は見当たりませんでした。
ちなみに開館は1993年とのこと。そんなに老朽化している感じはありませんでしたが。

側面には分かりやすく「図書館」の文字がありました。

背後は線路が迫っているようですが、玄関側には公園、上池袋さくら公園が広がっています。
彼方には嘗ての日本一の高層ビル、サンシャイン60も見えます。

東武東上線、山手線、埼京線の線路が複雑に入り混じる、パノラマスポットが。

池袋には数知れず来ていますが、ここに来たのは初めてかも。

元々アニメショップの多いことで知られた池袋ですが、最近は”アニメの町”化が顕著。コスプレイヤーが大勢、街を普通に闊歩しています。
そう言えば日本漫画史の伝説、トキワ荘があったのも豊島区でした。
ジュンク堂書店に向かっていると、その手前にアニメ東京ステーションなる施設を発見。

この日はガンダム特集の様でした。なぜか輪切りの電車もありますが。
地下には、「アニメーションの制作工程を見てみよう!」なる展示が。

ちょっとした無料博物館でした。

上池袋図書館 - 豊島区立図書館