図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

那須塩原市西那須野図書館(栃木県)

お目当てのみるるが臨時休館と判明したのですが、同じ那須塩原市の西那須野図書館は開いている模様。

カーナビが示すのは、JR西那須野駅のすぐ近く。
目的地に近づくと、教会のような古城のような、異質な建物が出現。

これが図書館かと思いましたが、これは市役所支所。
西那須野町役場として、バブル期に建てられたのでしょうか。

その隣が図書館でした。

閉館まであまり時間もないので、中に入ります。
なかなかの広さ。
床はグリーンのリノリウムで、児童書エリアは絨毯敷。

棚の上、側面、本の間に挟まれた仕切り板に、本の分野を示す案内が。青やオレンジでとても目立ちます。
文学系がオレンジ?という色分けでしょうか。

田舎の元町立図書館と思っていましたが、全体的に蔵書は充実。
コンピュータの本もまあまあ豊富で、専門的な本も少々。

館内中央の階段を上ると、
二階ロビーには、コーヒー自販機の置かれた飲食スペースがありました。

二階には読書室、資料室があります。
読書室は勉強する学生さんでいっぱい。
本も置かれていて、参考資料、郷土資料に加え、洋書もあります。
洋書はほぼ英語で、全体的に古め。
郷土資料は棚3列分と、かなり豊富です。

資料室の方も、長テーブルが置かれ、やはり勉強する学生などがいます。
やはり本も置かれているのですが、あるのは岩波新書岩波文庫だけという不思議な部屋。
変色したかなり古そうなものも多く、見ると昭和40年代の刊行。

土日の閉館は18時ですが、二階の利用はその15分前。それを知らせるアナウンスを聞いて、ぞろぞろと学生が出ていきます。
私も再び一階へ。
CD、DVDもあります。
DVDはせいぜい二、三百枚。CDはその10倍くらい。
コミックコーナーもありました。コミックエッセイが多めです。

先ほどの矢板市の図書館と違い、一階も二階も利用者が多かったのですが、ぎりぎりまで粘る人は少なく、閉館数分前にはほぼ無人に。
入口傍にも地域関連の本を並べる「わたしたちの郷土」コーナーがありました。
その横には「広報なすしおばらで紹介した本」も。

蔵書数は約12万冊。
開館は西那須野町時代の1979年のようですが、現在の施設が当時のままのものかは不明でした。
2005年に周辺市町と合併し、那須塩原市となっています。

目の前は東北新幹線の高架、その下には東北本線が走っています。
新幹線と在来線の電車が同時にやって来たので、シャッターチャンス!と思ったのですが、カメラを構えようとする間に新幹線は行ってしまいました。さすがの速さ。

翌日は那須岳へ。

那須ロープウェイ山麓

ロープウェイを降りてから、7時間以上かけて茶臼岳、三本槍岳を制覇。

茶臼岳から
三本槍岳から

先週に続き荒天予想の三連休でしたが、これまた先週に続き予報は外れ、この日は見事な秋晴れ。
山上は時折霧に包まれましたが、気持ちの良い一日でした。

西那須野図書館 | 那須塩原市の図書館

矢板市立図書館(栃木県)

二泊三日で、那須方面に出かけることにしました。
この日の宿泊地は、那須塩原駅の近く。
那須塩原市には、その筋では有名な、「みるる」なる図書館があるので、行ってみるつもりだったのですが、
途中の車中で何気なくwebサイトをチェックしてみると、、
現在は蔵書点検のため臨時休館中!

急遽計画変更を余儀なくされました。
高速道路は予定通り矢板ICで下り、矢板市の図書館へ向かうことに。

図書館は、市役所の他、生涯学習センター、文化センターなどが建ち並んでいる、文化エリアとも言うべき所にあります。

図書館の前の道

市役所の横なので、街の中心部かと思っていたら、田園の広がる郊外でした。

図書館はこちら。中に入ってみます。

入口付近では、子供の読書感想画展をやっていました。
床は木のタイル貼り。
館内の案内の字体からして、かなり古そうな印象を受けます。
時刻は午後5時。閉館までは2時間あるのですが、お客さんは少なめ。

二階は中央部に張り出し、その周囲は吹き抜け。
当然壁は大きく、両側が一面ガラス張り。
一段下がった高さの、丸い絨毯敷のスペースが4つあります。
2つは絵本コーナーになっていますが、2つはロープが張られ、物置状態。
なかなか複雑な館内構造。

「えほんのおへや」は別にありました。
CD、DVD、VHSもほどほどに置いています。
コンピュータの本は、技術的なものは少なめ。

時代小説の文庫本コーナーには、
佐伯泰英のシリーズ、喜連川の風、などは持ち去りが多いのでカウンターに配置している、との注意書きが。
どこの図書館でも大人気の佐伯氏ですが、ここまで来てしまってはいけません。

広報類の置かれた行政資料コーナーはあるものの、郷土資料が見当たらず。

二階は、広い読書室兼参考図書室です。
ここもガラス張り。一階とその先の外が見渡せます。
県内の市町村史が多数。かなり古めのものが目立ちます。
郷土資料はこれだけ?と思ったら、眼下の一階の棚に郷土資料の文字を発見。

一階奥に、郷土資料コーナーがありました。
棚の上に、全集ものが置いていたので、先ほど通った時には気づきませんでしたが、栃木県に関する本が多数、棚に並んでいました。

開館は1980年のようで、やはり結構な年数を経ていました。蔵書数は6年前の情報で、約15万冊。

向かいの文化会館の裏は、道の駅やいた。

ここは2年前、会津に行った時に休憩を取った場所。
こんなすぐ傍に図書室があったとは。

反対側の市役所との間には、川が流れていました。

内川

矢板市立図書館

清水町立図書館(静岡県)

清水町の中心部に入ってきました。
サッカーやちびまる子ちゃんで知られる清水市、現静岡市清水区は知っていても、県内に同名の町もあることを知る人は少ないのではないでしょうか。

まずは、柿田川公園へ。
富士からの地下水が湧き出る、湧水の公園。清水町の町名の由来と思われます。

第一展望台から

水が噴き出ているのは、紡績工場の井戸だったとか。何とも贅沢な工場。

第二展望台から

園内の案内標識には、図書館の文字も。

あまり知名度はありませんが、市街地にあるとは思えない緑に溢れた神秘的、幻想的な世界で、とても面白い所でした。

公園から図書館に歩いて向かう途中、旧町立図書館を発見。

旧図書館

令和2年まで使われていたそうで、図書館の文字が堂々と残っています。
公園内にあった案内板は、ここを指していたのでしょう。

旧図書館と現図書館は、200mくらいしか離れていません。
2年前に出来たばかりなので、ピカピカです。

現図書館

一階はこども図書館で、一般書は二階。
カウンター内にも階段があり、内部で職員さんが行き来できるようです。
グレーの絨毯に背の高い黒のスチール棚。シックなインテリアです。

地域資料の品揃えは、町立にしてはかなり立派な部類。
県内各地に関する本、資料が大量にあります。
湧水の町だけに、水資料関連のコーナーも。
滋賀県立図書館にもあったのを思い出します。
水関連の本は、背表紙も水色のものがやたら多いことに気付かされました。

カウンター前には、放送中のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」、来年の「どうする家康」の関連本が集められていました。
家康は静岡県には深い縁があっても、この辺りには縁は無さそうですが、鎌倉殿の方はまさに地元。

館内そこかしこに、座り心地の良いソファが置かれています。
西の窓向きのソファからは、柿田川公園の緑が遠望。

コンピュータの本は、質、量ともいま一つ。
文庫本も少なめ。時代小説に偏り気味です。
雑誌は50誌ほど。

蔵書数は約8.5万冊。棚には余裕があったので、まだまだこれから拡大していきそうです。

二階には、屋上広場もあります。
子供向けの遊具に加えて、足裏を刺激する石の飛び出た歩道が。

サンダル履きだったので気軽に試してみましたが、洒落にならない痛さ。

一階から吹き抜けの中庭、交流パティオもあります。

町の人々の交流拠点としての役割を担っているようです。

図書館の後は、公園の北隣の大型ショッピングモール、サントムーン柿田川の中にある、幼魚水族館へ。
先月、TBS「情熱大陸」で取り上げられているのを観て、来てみたいと思っていました。
夕方だったので、それほど混んでもおらず、ゆっくり鑑賞できました。

テレビで取り上げられていたのは、海中写真家、峯水亮氏。作品が展示されていました。

1200円はちょっと高い気もしましたが、魚が成長したら入れ替えないといけないので、並の水族館より維持が大変そう。館長の魚愛が随所に感じられ、楽しめました。

館長が押す、幼魚トップ3

外の壁には、公開中の映画「さかなのこ」のポスターが。

さかなクンとのんのサインがと思ったら、館長と広報でした。。

当初の計画では、神奈川県の図書館にも寄るつもりだったのですが、到底そんな時間は残っておらず。
ゲリラ豪雨に見舞われながら、意外に空いている箱根新道、小田原厚木道路を通って埼玉の家に帰りました。

清水町立図書館

三島市立図書館中郷分館(静岡県)

次の目的地は、清水町。
しかしその前に、すぐ近くに三島市の図書館分館があるようなので、先に寄ってみます。
田園地帯にポツンと、市役所支所も兼ねた文化プラザが建っていました。

向かいには、大きな公園というか、芝生の緑地が。

中に入ってみます。
明確な区切りは無く、一階フロアの一部が図書館になっています。
小ぢんまりとしていますが、沼津市の小さな図書室を回ってきた後なので、立派に見えます。
もちろん新聞・雑誌が置いています。
雑誌は縦置きで、最新刊も旧刊も、区別なし。
コンピュータ関係のマニュアル本、はじめての○○シリーズがなぜか雑誌コーナーにありました。

CD、DVDもあります。
DVDはドキュメンタリー系、落語、子ども向け、地域資料などで、映画は無し。
その横には、大型絵本が置かれています。
片隅には一段低くなった、円錐状のおはなしコーナーが。カーテンで仕切られるようになっています。

文庫は専用棚もあったり、単行本の棚の上段にあったり、棚の上にあったりと分散しています。

地域資料には、富士山、三島、静岡県の資料が。
パンフレットや行政資料が中心です。

コンピュータの本は、電気工学の所に少々。
旅行ガイドも揃っています。

開館は1996年。
蔵書数は約4万、視聴覚資料が約3千とのこと。

周辺は田圃が広がっています。
稲穂がたわわに実っていました。

その後は、3kmほど西にある戸倉城跡に寄ってみます。
その小山は、今は本城山公園になっており、城を取り囲むように狩野川が蛇行しています。
駐車場から歩いて10分もかからずに頂上へ。
場所柄、放送中の大河「鎌倉殿の13人」にも登場するかと思いましたが、もっと後の築城のようです。
天守跡のはずの所には、キノコのような謎の建造物が。

何かと思えば展望台でした。
人が訪れることは稀そうな雰囲気の階段を登って行くと、全方位が見渡せるなかなかの眺望。

しかし、やはり富士山は雲に隠れ、姿を拝めず。
この旅では、縁がありませんでした。

施設案内 中郷分館 - 三島市立図書館

沼津市第三地区センター図書室(静岡県)

海の幸を堪能した後に向かったのは、沼津港のシンボル、航路水門びゅうお。ビューと魚を混ぜ合わせたネーミングとか。

入場料100円で見学できます。

上に上ってもやはり富士山は見えませんが、360°のパノラマは見事でした。

沼津港の後は、東隣の清水町に向かいますが、その途中にも地区センター図書室があるのをスマホで発見。
第二センターとの比較のためにも、寄ってみることにしました。
沼津市に17ある地区センター図書室の中で、たまたま選んだ2つが第二と第三の連番とは、何とも奇遇。
カーナビの案内に従って走ると、中学校の敷地内にあるセンターに到着。

向かいにも奥にも校舎が建っています。
二階には体育館がありますが、これも中学校と共用でしょう。

中に入ってみます。
入ってすぐ、ロビーの一角が図書室になっていました。
規模と本、人の少なさは先ほどと似たり寄ったり。

ただしこちらには、郷土資料コーナーがありました。
沼津市史、現沼津市戸田町史などがあります。
「沼津の基礎を築いた江原素六ものがたり」なる本も。
子供達のテーマ学習の成果をまとめたもののようでした。

テーブルが3つあるのも先ほどと同じですが、椅子はコロナ対策で半分に減らされ6つでした。

新聞、雑誌は無し、コンピュータの本は数冊というのも同じですが、
児童書が多かった第二に比べ、やや一般書、文芸書が多めな印象でした。

こちらの施設は、2011年に出来たようです。
眼前には、"沼津アルプス"の山々が迫ります。

トンネルで山を抜けると、清水町に入ります。

第三地区センター

沼津市第二地区センター図書室(静岡県)

山中湖を後にして、次は沼津港に向かいます。
峠を越えてからは、海に向けてひたすら下り坂が続きます。

沼津の中心地を抜け、海岸が近付いてきた所で、ちょっと寄り道。
沼須市の図書館に多数あるらしい、地区センター図書室に行ってみます。

図書室は、受付の前を中に進み、左に曲がり、更に左に曲がった奥でした。
最初にあった受付の裏で、図書室のカウンターは受付と兼用でした。

ピカピカのタイル床で、12畳ほどの広さの横長の部屋でした。
そんな狭い部屋でありながら、机は3つ、椅子は12もあります。
机の真ん中には、しっかりコロナ対策のパーティションが立てられています。

約半分は児童書。
建物が新しいだけに、本も比較的新しめですが、数はかなり少ない。
棚の上部にジャンル名が記されていますが、如何せん本の数が少ないので、重なり合うようになっています。
私がいつもチェックするコンピュータの本は、数冊程度。
新聞、雑誌も、郷土資料もありません。

蔵書数は3、4千冊といったところでしょうか。地区センター図書室が全部で16あって、蔵書総数は7万冊ということなので、妥当な線でしょう。
開館は2019年のようで、まだ出来たてです。

外に出ると、雨が止んで、晴れ間が広がっていました。

目の前は松林。そのまま海岸まで、千本浜公園が広がっています。

園内には、若山牧水の歌碑が建っていました。

宮崎県立図書館で宮崎出身と知り、近所の所沢にも歌碑のあった牧水ですが、晩年はここで過ごしたそうで。
近くには記念館もあります。

ほどなく海岸に到着。
北方には富士山が見えるはずですが、雨雲に隠れています。

昨日からずっと富士山の周りにいるのに、姿を拝むことは出来ませんでした。
沼須港までは、1kmほど。
新鮮な海鮮料理を求めてきた観光客で大賑わい、無料の駐車場に向かう道は、車が大行列。諦めて離脱し、有料の駐車場に向かう人も。
やがて案内されたのは、臨時駐車場と化した漁港施設の中でした。

港を眺めた後、比較的空いている店で朝昼兼用の食事を済ませました。

沼津港

深海魚水族館も気になっていたのですが、入館待ちの大行列を見てあっさり諦めました。

第二地区センター

山中湖情報創造館(山梨県)

日暮れ前に、山中湖に着きました。

予約していた宿にチェックインしてから、再び車を出します。

山中湖村にはなんと、夜9時まで開いているという図書館があります。
都会ならともかく、この辺境の地でこの開館時間の長さは驚く他ありません。

着いた時には、既に日が暮れてしまいました。
しかし、窓からはしっかり灯りが漏れ、オープン中。
中に入ります。
天井には立派な木の梁が張り巡らされ、木の香りが漂います。
カウンター横には、ライブラリーショップが。
絵葉書やガイドブックが売っていました。

ガラス扉の棚には富士山資料、山岳資料が收められています。なぜか北九州市立中央図書館から移管されたという本も。

「文学の森」コーナーには 三島由紀夫徳富蘇峰に関する本が。近くの文学の森に二人の文学館がある関係のようです。
その横には山中湖資料、山梨県資料。

多くはありませんが、CD、DVDもあります。
その裏はラノベ系。
小説版ガンダムが並ぶ棚の上には、ガンダムのプラモデル、通称ガンプラが置かれていました。
先ほどの富士吉田の図書館に続きガンダムの話題。単なる偶然と思いますが。

富士山資料は別の所にも。
オープンな棚には、ガイドブック、写真集、富士山を題材にした小説など、比較的新しい本が置かれています。

コンピュータの本は、総記の所に。寂しい品揃え、と思ったら電気工学の方にもあり、こちらはそこそこ充実していました。

雑誌コーナーには、心地よさげなソファが5つ。
結構人が座っていると思ったら、うち二人は巨大なぬいぐるみで、先客は一人でした。
ぬいぐるみはソーシャルディスタンスのために置いているようです。

児童書エリアには、絨毯敷のおはなしコーナーもありました。
外国人観光客を意識してか、洋書も少し。英語ばかりですが、雑多な色んな本が。

入館した6時頃には利用客が数人いましたが、7時にもなると私一人。
この後、9時まで開けておく意味が果たしてあるのだろうか、と思わずにおれません。個人的にはとても有難いのですが。
平日はもっと利用客がいるのでしょうか。ちょっと想像できません。
利用者として別荘の住人も意識しているそうなので、夏場は夜間の需要もあるのかも。

開館は2004年、蔵書数は約6万冊です。過疎地且つリゾート地の図書館として、かなり独特な取り組みをしている存在と言えそうです。
その後は宿でもらったクーポンを利用して、人気のほうとう店で食事をして帰りました。

前日は午後から雨の予報が見事に外れ、傘を全く使わずに済みましたが、
次の日は朝から雨。
静岡県に抜ける予定の日ですが、その前に図書館の周りにある、山中湖文学の森に寄り、散策。横には今流行りのキャンプ場もあります。

三島由紀夫徳富蘇峰の記念館は、まだ開館前でした。

図書館まで下ってきましたが、こちらも9時半の開館に向けて準備中。

隣には、尋常高等小学校を移築したという学習施設があります。それにしては新しく見えましたが。

山中湖情報創造館 - 知る•創る•伝える 未来もつくるモノコトづくり図書館 山中湖情報創造館(やまなかこじょうほうそうぞうかん)