図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

福島市立図書館本館(福島県)

宿願だった蔵王のお釜を見ることができ、後は埼玉の自宅までバイクで一目散、、、
ではなく、最後にもう一ヶ所寄り道。
福島市立図書館が珍しく月曜日に開館しているようなので、行くことにしました。

今から30年近く前の学生時代、福島市に住んでいる親戚を訪ねた時、図書館に連れて行ってもらったことがあります。
その図書館が県立だったのか市立だったのか、はたまた大学図書館だったのかは記憶が定かでありません。
今回、それを確かめるという意味も込めています。

国道4号線から西に200mほど入った、住宅や各種施設の建て込む中、
福島駅からも1㎞ほどの距離の所にありました。

f:id:n344sj:20201022003132j:plain

果たして30年前の記憶が蘇るのか?という心配もありましたが、
見るからに古い地味な建物を一目見て、ここは違うなというのはすぐ分かりました。

入口には、震度6以上で倒壊する恐れがあると診断されました、対策は検討中、との貼紙が。
入る前から不安を煽らされたのは初めてです。

中に入ってみても、やはり随所に古さを感じさせます。
前日行った白石市の図書館もかなりのものでしたが、こちらはそれ以上。

しかし、県庁所在地の中央図書館だけあって、蔵書はなかなかの充実ぶり。
日も暮れた夕方6時でありながら、お客さんの数もそれなりに多いです。

一階は児童書のようですが、
入ってすぐの所は、雑誌コーナー。
棚の上の壁に、「婦人雑誌」「趣味」「週刊誌」「タウン誌」とジャンル分けが表示されています。
半分は婦人誌。
男性向けは無いの?と不思議に思いつつ、これまた古さを隠せない階段で二階に上がると、
二階にも雑誌コーナーがありました。
こちらは「スポーツ」「科学・技術」「文芸誌」「芸術」「社会・経済」とのジャンル表示。

視聴覚資料も置いていますが、まず目に入ったのはカセット。
とことんレトロです。

CDも置いていますが、カセット含めて何と、音楽は無し。
ほとんどが朗読物で、一部に落語CDがあるくらいでした。

原発事故関連図書コーナーの棚があるのは、福島ならでは。
その数なんと、500冊以上。
いずれも東日本大震災の後の刊行と思われますが、それでこれだけ出ているのは驚きです。

基本的には殺風景な館内ですが、一部の棚は斜めに配置して、アクセントを付けていました。
また、背表紙のラベルには分類番号等の他、大分類を表していると思われる大きな数字、アルファベットが
1文字書かれています。
これによって仕訳を容易にしているのでしょうか。

三階は、参考図書、郷土資料。
郷土資料の充実ぶりは圧巻。本だけでなく、各種団体の発行した冊子や、新聞スクラップも置いています。
原発事故に関する資料は、ここにも置いていました。

会議室では、「規格外資料展 扱いにくいけど借りられます」なる催しをやっていました。
無人の部屋の机の上に、規格外の本たちが並べられていました。
源氏物語絵巻」「富岳三十六景」は製本されておらず、紙の束。
阿武隈川舟運図」は、長~い一枚の絵。
いずれも原本ではなく、近年出版されたものですが。
「原爆の図」の巨大画集も圧巻でした。

調べてみると、ここは嘗て県立図書館だったようで、
1984年に県立図書館が移転した後、市立図書館に変わったそうです。
この建物は1958年(昭和33年)に出来たようで、築62年(!)ということになります。
私が昔連れて行かれたのは恐らく、移転後7年ほどの、県立図書館だったのでしょう。

2泊3日の今回の旅で訪ねた図書館は、南東北3県で計7館でした。
歴史と伝統、格式のある図書館が多く、それでいて自動の検温機を導入するハイテクな所もあったりして、
それぞれに個性があり楽しめました。

 

福島市立図書館(本館) - 福島市