図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

府中市立中央図書館(東京都)

府中の森公園から1㎞ほど、町の中心部に入ってきました。
ここにあるのが、中央図書館。
ルミエール府中なる、ホールや喫茶店も入る複合施設になっています。
f:id:n344sj:20220330234922j:plain
バイク駐輪場があるか不明でしたが、しっかりありました。

図書館があるのは、三階と四階。
驚いたことに、夜は10時まで開いているとのこと。昼間に来るのが損な気さえしてきます。

一階からまっすぐ続くエスカレータで上っていきます。
三階は文芸書、児童書などが中心。
かなり広く、本の数も膨大。
雑誌は、英語のものもありました。

中央は板貼り、本棚の並ぶ左右は絨毯敷。
ブラウンの天板、側板に白スチールの本棚。
返却本の棚は、ピアノの鍵盤のようなデザインで、洒落ています。

四階は人文科学、自然科学などの本。

地域資料のコーナーが凄い。かなりの広さです。
東京市史稿」は、産業篇、港湾篇、市街篇、などに分かれ、全部で二百巻くらい。
条例文などの史料集のようです。

在住著者の棚も大きく、色んな人の本があります。
宮本常一斎藤茂太の両氏の本が目立ちます。

府中、東京に関するあらゆる分野の本が
先日感嘆した川越市の図書館に匹敵する所を、早くも見つけてしまいました。

その近くに、妙に古い本が並び、異彩を放つエリアがあります。
寄贈者の名を冠して、渡辺文庫、塩野文庫、冷水文庫と分かれています。
それぞれ歴史、絵画、短歌の本が中心。
寄贈者は渡辺紀彦氏、冷水茂太氏とのことですが、塩野氏には説明が無く不明。

更に貴重なのか、大賀文庫は施錠されたガラスケースの中。 
大賀一郎氏は植物学者とのことで、古い植物学の本などがあります。

長野県佐久穂町のコーナーも。府中市姉妹都市のようです。

私がよくチェックするコンピュータの本も量、質ともなかなか。
旅行書の方も普通と言えば普通ですが、一通り揃っています。

外国語の本も充実。
定番の英中韓に加えて、ロシア語、ネパール語インドネシア語ヒンディ語といった本もあります。
英語については、日本語の本並みに著者名の仕切りがあるほどの数。

横には、ウィーンコーナーなる小部屋があり、
関連本、CD、演奏家の人形などが並んでいます。
ウィーン市ヘルナルス区が、府中市と友好都市だそうです。

YAと視聴覚資料のコーナーもありました。
CDは2、3万枚あろうかという膨大な数。
DVD、VHSも充実しています。
全体的に古めではありますが。

中高年がメインターゲットと思われる「〇〇県の歴史散歩」が、ヤングアダルトのコーナーに。なぜ?と思っていると、横には京都のガイドブックも置いています。どうやら、修学旅行向けの本ということでここに置いているよう。
ちょっと過保護な気もしましたが。自分たちの力で館内を探させた方が良いのではないかと。
f:id:n344sj:20220330234740j:plain
2007年に開館したというこの図書館。
蔵書数96万冊、視聴覚資料が7万点というのは、市立図書館としては滅多に聞かないレベルの数字。
人口26万の都市に、ここ含め13もの図書館があるというのも、なかなかの密度。
先ほどの市立美術館と言い、文化振興に力を入れている市のようです。

二階には、ちょっとしたバルコニーが。目の前の桜通りが一望。
f:id:n344sj:20220330234944j:plain
ここから外階段で下りることも出来ます。
バルコニーはもちろん、階段で日向ぼっこする人も。

エルミールの前の桜通りと、駅に向かう府中公園通りが桜並木。市民桜まつりのボンボリが立っています。
f:id:n344sj:20220330235025j:plain
綺麗ですが、正直、遠方から見に来るほどのもの珍しさは無いかなという気が。

京王線府中駅へは、歩いて10分足らず。
JRの府中本町はたまに通りますが、京王線は滅多に乗らないので、来たのは初めて。予想外の大都会ぶりに驚きました。

f:id:n344sj:20220330234815j:plain
府中駅

中央図書館施設紹介 - 利用案内 - 府中市立図書館 - 東京都