図書と旅

旅行と読書が趣味。旅行先で訪ねた図書館の紹介などを綴っていきます。

川越市立高階図書館(埼玉県)

年末年始の旅行中に読めなかった新聞を読むため、仕事帰りに図書館へ。

今日訪れたのは、川越市の高階図書館です。
市民センターと一緒になっているのですが、入口には市民センターの表示しかないので、
ちょっとわかりにくいですね。

f:id:n344sj:20200108221731j:plain


2008年に開館した新しい図書館。
開業当時から知っている、数少ない存在です。

当時はここの近所に住んでおり、川越市民だったのにも関わらず、できたことを知りませんでした。
たまたま車で通りがかった際に発見し、近所にこんな綺麗な図書館ができたか、と感激したのを覚えています。

あれから十数年。まだまだ綺麗です。

車で来ると、駐車場の入口の係員に駐車券を渡されます。
利用した施設でスタンプを押してもらい(厳密にはセルフサービス)、出る際にそれを渡すシステムです。

私の場合はたいてい仕事帰りに訪れるため、閉館間際。
出る時には閉館時間を過ぎていて、係員の方は既にいなくなっているので、いつも駐車券が無駄になります。
そもそもここの周りにあるのは、畑と民家と老人ホームくらい。
迷惑駐車をする人もあまりいないと思われるので、正直このシステムは不要ではないかと思うのですが。。

中に入ると、1階に市民センター、小さな喫茶室もあります。
学習スペースが図書館内ではなく階下の1階にあり、中高生で結構にぎわっています。

2階に上がると、いよいよ図書館。
さて、ここの特長は、AV資料が充実していることでしょうか。
DVDの映画ソフトが洋画、邦画とも豊富です。
もはや懐かしさも感じる、VHSのビデオテープも結構置いてあります。

音楽CDも有名アーティストを中心に揃っていますが、なぜかベスト盤ばかり。
開業準備の時、とりあえずベスト盤集めておけばいいだろ、という感じだったのでしょうか。
ちょっと安直な感は否めません。

ついでにもう1つ意見すると、
川越市はAV資料の返却ポストへの返却が不可で、窓口の開いている時にしか返せません。
近隣の市の図書館では大抵返却ポストでも返せるので、できれば改善して欲しいところです。

さて書籍の方はというと、文庫本、新書がかなり充実しています。
これも開業前に集めたのか、まだ綺麗な本ばかり。

今日ここに来たのは夜6時半。
中をぐるりと回って、新聞をめくっていたら、あっという間に閉館の7時。
外に出ると、今日も駐車場には誰もおらず、静寂が広がっています。

周りには何も無いと書きましたが、
東武東上線新河岸駅からは徒歩圏内です。
電車で来たことはないですが、おそらく歩いて10分もかからないでしょう。

新河岸と言えば、駅舎、その周辺とも、東上線の中でも寂しい、良く言えばローカル線風情のある駅として知られていました。
(池袋~小川町間での話。小川町から先はローカル線風情と言うより、本物のローカル線になります。)
近年、駅舎は近代的なものに変わり、駅前も整備されて、随分様子が変わりました。
図書館周辺の、この長閑な光景も少しずつ変わっていくのでしょうか。

施設案内 – 川越市立図書館